沿  革
 
昭和37年 4月 1日 石動町理科教育センターを設置、石動中学校に併設
昭和37年 8月 1日 町名変更により、小矢部市理科教育センターとなる。
昭和41年11月 1日 小矢部市理科教育センターを廃止し、小矢部市教育センターとして発足、旧西砺波郡地方事務所に移転する。
小矢部市西砺波郡学校視聴覚研究会の事務所を併設する。
小矢部市小学校教育研究会の事務局を当センターに置く。
小矢部市個別化教育研究会の事務局を当センターに置く。
昭和42年11月 1日 上記視聴覚教育研究会の解散に伴い、その財産の一部を引き継ぐ。
昭和44年12月13日 小矢部市視聴覚ライブラリーを当センターに置く。
昭和45年 2月23日 小矢部市視聴覚教育研究会発足、事務局を当センターに置く。
昭和46年 4月 1日 教材搬送車ワゴンバン1台配車される。
昭和48年11月28日 小矢部市総合会館1階に移転
昭和57年12月 20周年記念として記念誌発刊
昭和60年 7月 センター内の旧理科室を研修室、工作室を視聴覚ライブラリー室に改装する。
平成 2年 6月 5日 小矢部市小中高生徒指導連絡協議会の規約改正に伴い、事務局を当センターに置く
平成 3年 9月 5日 小矢部市畠中町12−42、旧簡易裁判所に移転
平成 5年 3月 1日 30周年記念として記念誌発行
平成 6年 4月 1日 適応指導教室「ふれんど」設置
平成 6年 6月23日 文部省より登校拒否児童生徒の適応指導の在り方に関する調査研究委託
平成 8年 4月11日 文部省より登校拒否児童生徒の適応指導の在り方に関する調査研究委託(平成10年3月31日まで)
平成 8年 6月13日 文部省よりスクールカウンセラー(石動中学校配置)調査研究委託(平成10年3月31日まで)
平成10年 5月 1日 スクールカウンセラー事業開始(4中学校と教育センターに精神科医及び臨床心理士を配置)
平成10年 9月24日 市内小中学校間イントラネットMEL開設、インターネットサーバー設置
平成13年10月 1日 市内小中学校パソコン教室のパソコン更新
平成15年 3月 1日 40周年記念として記念誌発行
平成16年 8月 市内4中学校普通教室にパソコン設置
平成18年 8月 市内6小学校高学年普通教室にパソコン設置
平成19年 4月 砺波地区教育センター協議会事務局を当センターに置く。(H19〜20)
平成20年 8月 市内小中学校パソコン教室のパソコン更新、市内小中学校教員のパソコン一人一台体制
平成20年 9月 1日 小矢部市岩尾滝1073、旧岩尾滝小学校に移転
平成21年 7月 市内小中学校に液晶プロジェクター、書画カメラ設置(小学校全教室に各1台、中学校全学年に各1台)
平成22年 3月  市内小中学校に電子黒板設置(各校1台) 
平成24年 8月  市内小中学校の教師用パソコン更新(Win7導入)プリンタ新規導入
平成25年11月 センターサーバー(Windows)導入、市内小中学校にNAS設置 
平成27年 9月 市内中学校のパソコン教室用パソコン更新