富山県高等学校文化連盟規約

 (名称)
第1条 本連盟は、富山県高等学校文化連盟 (「県高文連」と略称する。)と称する。

 (事務局)
第2条 事務局は、会長の指定する学校等に置く。

 (目的)
第3条 本連盟は、学校教育の本旨に則り、富山県内の高等学校及び高等部を置く
 特別支援学校(以下「高等学校等」という。)における生徒の創造活動の向上及び
 充実を図り、芸術・文化活動の振興に資することを目的とする。

 (事業)
第4条 本連盟は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)高等学校等の文化活動に関する調査、研究及び振興
(2)高等学校等の文化に関する研修会、講習会、鑑賞会等の開催
(3)高等学校等の総合的文化行事及び諸行事の開催
(4)地区ブロック大会、全国高等学校総合文化祭等への参加助成
(5)その他本連盟の目的達成に必要な事業

 (組織)
第5条 本連盟は、富山県内の高等学校等をもって組織する。

 (機構)
第6条 本連盟の業務を執行するために、別表の専門部を置く。

 (役員)   
第7条 本連盟に次の役員を置く。
 (1)会長 1名
 (2)副会長 若干名
 (3)参与   若干名
 (4)評議員
 (5)専門部会長 各1名(校長)
 (6)専門部会代表(常任理事) 各1名(教諭)
 (7)各高等学校等代表(理事) 各1名(教諭)
 (8)事務局長 1名
 (9)事務局次長 1名
 (10)監事 2名

 (役員の職務)
第8条 役員の職務は、次のとおりとする。
 (1)会長は、会務を統括し、本連盟を代表する。
 (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。
 





(3)参与は、会務処理に関する助言・指導を行う。
(4)評議員は、評議員会を組織し、会務を処理する。
(5)専門部会長は、それぞれの専門部会を代表し、その部会の業務を統轄する。
(6)専門部会代表は、専門部会長を補佐し、それぞれの専門部の業務を処理する。
(7)各高等学校等代表(理事)は、会務を審議し執行する。
(8)事務局長は、会長の指示により連盟の会務処理に当たる。
(9)事務局次長は、事務局長を補佐し会務処理に当たる。
(10)監事は、会計を監査する。

 (役員の選出)
第9条 会長は、評議員会において選出し、その他の役員は、会長が委嘱する。
 ただ し、監事は、理事会において選出する。
2 役人の再任は、妨げない。

 (役員の任期)
第10条 役員の任期は、1年とする。ただし再任を妨げない。
2 会長は、役員に欠員が生じたときは、必要により補充することができる。ただし、
 補充による役員の任期は、前任者の残任期間とする。

 (機関)
第11条 本連盟に、次の機関を置く。
 (1)評議員会
 (2)理事会
 (3)常任理事会
 (4)委員会

 (機関の構成及び機能)
第12条 評議員会は、高等学校等の校長をもって構成し、規約の制定及び改廃、
 会費に関することその他重要事項を審議し、決定する。
2 理事会は、会長、副会長、参与、専門部会代表、各高等学校等代表及び事務局
 長、事務局次長をもって構成し、予算、決算、事業計画、その他本連盟の重要事項
 を審議し、決定する。
3 常任理事会は、会長、副会長、参与、専門部会代表及び事務局長、事務局次長
 をもって構成し、理事会に付議する事項を審議し、立案する。
4 委員会には、総務、会報、会計、文化祭実行の4委員会を置く。また、必要ある
 ときは、理事会の承認を得て特定の委員会を置くことができる。

 (会議)
第13条 各機関の会議は、会長が招集し会議は、構成員の3分の2以上の出席に
 より成立するものとする。       
2 会議の議長は、会長がこれに当たる。







 (経費)
第14条 本連盟の経費は、会費、補助金、寄付金その他の収入をもって充てる。

 (会計年度)
第15条 本連盟の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 (会計経費)
第16条 本連盟の会計は、別に定める富山県高等学校文化連盟会計規定による。

           
附則 この規約は、平成元年8月11日から施行する

規約改正  平成3年4月12日(科学部設置)
        平成4年4月10日(委員会設置条文増補) 
        平成7年2月15日(定通部設置)
        平成8年4月1日(条文改正)
        平成13年7月12日(文芸部設置)
        平成20年5月14日(小倉百人一首かるた、弁論、特別支援学校、
                     茶道部設置) 
        平成20年12月13日(ボランティア部設置)
        平成21年5月12日(参与及び事務局次長の設置に関わる条文改正)
        平成21年5月15日(邦楽部の日本音楽部への名称変更)
別   表

         専  門  部  名
  演劇専門部
  合唱専門部
  吹奏楽専門部
  器楽・管弦楽専門部
  日本音楽専門部
  吟詠剣詩舞専門部
  郷土芸能専門部
  マーチングバンド・バトントワリング専門部   
  美術・工芸専門部
  書道専門部
  写真専門部
  放送専門部
  囲碁専門部
  将棋専門部
  新聞専門部
  自然科学専門部
  定通専門部
  文芸専門部
  小倉百人一首かるた専門部
  弁論専門部
  特別支援学校専門部
  茶道専門部
  ボランティア専門部 
                                      Back  Next