学校の生活や行事の様子をカルタにして紹介しました。

 幼稚園さんと一緒にカルタとりをしました。
 4つのチームに分かれて行いました。
 読み手、司会、並べ係、数え係、お世話係と、
 それぞれ仕事をしていたはずなのに…。 

 自分のチームの枚数が気になるのか、
 幼稚園さんに教えてあげたいのか、
 応援の声が大きすぎて、
 おしゃべりの声が大きすぎて、
 読み手の声が聞こえないくらいでした。

 はしゃぎすぎていませんか?
 これでいいのかな? 


カルタとりが終わって…幼稚園さんからひとこと
たのしくなかったよ。
うるさくてきこえなかったよ。
とりたかったのに、とれなかったよ。
たのしみにしていたのに・・・。
大粒の涙を流しながら、残念だった気持ちを話してくれました。

幼稚園さんの涙を見て、はっとした1年生。
大切なことを忘れていたようです。

教室へ戻ってから話し合いました。

  • ゆうくんがないちゃった。たのしみにしていたのに、かわいそう。
  • みんながうるさかったから、きこえなかったんだね。
  • いっぱいしゃべってたから、うるさかったね。
  • ようちえんさんにたのしんでもらえなかったよ。
                    
  • ゆうくんにあやまるよ。
  • ぼくたちがつくったカルタで、たのしくあそんでもらいたいよ。
  • たのしいおもいでにしてあげたいな。

「休み時間にカルタとりをしませんか」と幼稚園さんにお願いすることにしました。