社会科現地学習

私たちのくらしを支える人々

 去る6月12日、小杉町教育センターのおせわにより、4年生の社会科現地学習として、私たちの住みよいくらしを支えてくださっている四つの施設を見学させていただきました。射水消防組合消防本部、射水郷清掃センター、和田川水道管理所、上野調整場の4箇所です。と中、大島中央公園にてお弁当休憩をとりました。どこの施設でもお仕事の手をとめて親切に説明していただきました。本当にありがとうございました。

初めは射水消防本部。救急救命訓練の様子やいろいろな種類の消防車など、迫力満点。 救急車の中には、いろいろな応急手当のための道具がいっぱい。無線やサイレンもついていました。 2箇所目は射水郷清掃センター。山のような燃えるごみをコンピュータシステムで燃やしておられます。
ものすごい大量のビンの山。透明と茶色のびんは滋賀県のリサイクル工場へ。へらすにはどうしたらいい? 続いては和田川水道管理所。ダムの水をちんでん⇒ろか⇒消毒の手順で安全でおいしいお水にします。 最後は上野調整場。巨大タンクから私たちの家や学校などに水を送っています。むだ遣いしないよ。

トップページへもどる