連だこあがれ、あがれ

 大門町の一大イベントたこ祭り。4年生は初めて六角凧に挑戦しました。テーマは「夢の動物と遊ぶぼく・わたし」。こんな動物がいたら楽しいだろうなと一人一人がイメージをひろげ、和紙いっばいに表現しました。5月18日はあいにくの雨でしたが、大切にお部屋に飾ったり、天気の良い日に広場であげたりしてほしいです。

 明けて5月19日は、まずまずの天気でしたが、風がほとんどなく、みんなで作った連だこをあげるのには、根性と体力が必要でした。「あがるまで、あきらめないぞ。」を合言葉に役員のみなさんを始め、子どもたちも真剣にがんばりました。その甲斐あって、長い連だこがふわりとまいあがった瞬間は感激。バンザイ!バンザイ!

今年は初めて連だこに挑戦しました。シンプルイズベストとばかりに好きな2色でしあげました。 心をひとつにして走ります。そーれ。大空高くまいあがれ。 うーん、あがらないよ。一つ一つの凧の結び目をしっかりしめなおそう。
大門凧の会の方に上げるコツを教わりました。あきらめないぞ。 やったぁ、ついにあがりましたよ、みんなの連だこ。うれしい!感激です。 会場では町内の小学生と婦人会のみなさんの「よさこい、大門」の踊りの発表もありました。かっこいいね。

 

トップページへもどる