外国の人ときらきら


 12月12日(金)5時間目に、中国、マレーシア、タイの3カ国から7名の外国の方をお迎えして、交流会を開きました。日本の伝統文化や遊びについて考え、相手の国の文化を理解し、英語を使って相手となかよくなろうとする子どもになってほしいと願い、外国の人と交流する活動を仕組みました。
タイの方だってきっとたのしんでくださったはず。この交流会は私の大切な思い出の一つになりました。また、みんなと交流会ができるといいです。そして今日以上に仲よしになりたいです。(はじめのあいさつをした2組Sさん)
最初は緊張していたけど、どんどん慣れてきました。ゲームでなんでもバスケットをしました。おにになったときは少しはずかしかったけど、楽しかったです。外国人の方と仲よくできました。また、こういう機会があるといいです。(1組Tさん)
外国の人が入ってきたとき、とてもうれしかった。一人一人の発表を真剣にみてくれてとてもうれしかった。話しかけようとしてもなかなか言葉がでてこなくてくやしかった。でも、また来たいといってくれてうれしかった。(2組Oくん)
パチパチと拍手のあらしの中から、外国の人がこられました。日本語はわかると思うけど、ちゃんと私のいうことわかるかなと不安でした。外国の人は自己紹介の時、日本語の発音がとってもうまかったです。(1組Kさん)
今日大門小学校に中国、タイ、マレーシアの方が来て、外国の人2人といっしょにゲームをしました。どきどきしていたけど、仲よくなれました。またいつか来てほしいです。(2組Oくん)
初めて会ったのに、すぐに話しかけてくれて、とてもやさしい方たちだったので、うれしかったです。ぼくたちの部屋に来た方たちは、中国の人とタイの人でした。あいさつの仕方や歌を教えてくれました。中国語やタイ語を教えてもらいました。いろんなことを教えてくださったのでうれしかったです。(1組Hくん)
タイの人といっしょに 「いろはにこんぺいとう」をしました。タイの人がとっても楽しい顔をしていて「いろはにこんぺいとう」をやってよかったなあと思いながらやっていると、タイの人が「たのしいね」と言ってくれました。私もさらに楽しくなって、交流会は楽しい思い出になりました。(1組Mさん)
ぼくは外国の人がくるのを楽しみにしていました。ぼくとAくんは音読で「竹取物語」を言いました。うまく言えてよかったです。その後「だるまさんがころんだ」やコーナーズを外国の人と一緒にしました。外国の人たちといっしょだと、いつもよりおもしろかったです。
タイの方といっしょに自己紹介、ゲーム、得意なこと発表をしました。すごく緊張していました。でも、どんどんタイの人と仲よしになって習字も一緒にしました。(2組Mさん)
タイ、中国、マレーシアの人に会って、本当によかったです。みんなやさしくていい人だったし、英語もちょっと話せました。別れはとっても悲しくて涙が出そうでした。最後の最後まで、昔からの友だちのようにやさしくしてくれました。また会えるかもわからない! そんな中でさようならをしました。あと1秒でも一緒にいたかったです。この1時間私は幸せでした。(2組Hさん)
Jさんが自己紹介をした後に、初めて習字をして「本」という字を書いていました。とてもきれいでした。ぼくよりもきれいでした。(2組Mくん)
「日本の好きなところはどんなところですか?」という質問の答えが「料理がおいしいですね。それに、日本の人たちは親切です」と言われて、すごくうれしかったです。話をする前はきんちょうしていたけど、話を進めていくうちに、前から知り合いだった人のように思えてきました。初めて会って、言葉もあまり通じない人でも、こんなに仲よくなれるんだなあと思いました。(最後のあいさつをした1組Eさん)