あったらいいな こんなもの

国語で「あったらいいな こんなもの」という学習をしました。
この学習では「自分の考えを分かりやすく伝える」ということをねらっています。

「あったら便利だな、楽しいな」と思う道具を考えて、発表しました。
二人ペアでアイディアを出し合い、発表の構想を考えて、役割を決めて発表しました。

ぼくたちが考えたのは「めざまし
ロボット」だよ。ねぼうしたらおこ
して学校までとどけてくれるよ。

語りかける話し方に、みんなは
聞き入っていました。
わたしたちが考えたのは「すぐ
とべるん」です。かぶると空を
とべます。

メモは確認するだけで、自分の
言葉で話していました。
ぼくたちが考えたのは「どこでも
へや」です。へやごと、行きたい
ところへ行けます。

みんなに聞こえるようにはきはき
と話しました。
分からないところは質問して、
発表の内容を確認します。
発表の仕方についての
アドバイスも、し合いました。
絵や作ってきた物を見せて話す
と聞く人も分かりやすいですね。
発表を聞き合いながら
  • ゆっくり話す
  • はっきり話す
  • 絵やものをしっかり見せる
  • かおを上げてみんなの方を見て話す
  • メモを読むのではなく、自分のことばで話す
という、分かりやすく発表するためのポイントを確認しました。

みんなが考えたものは「あったらいいなあ」と思えるものばかりでした。
びっくりしたり、なるほど!と思ったり、みんなのアイディアマンぶりに感心しました。