わたしと小鳥とすずと
      金子みすず



 私が両手を広げても、
 お空はちっとも飛べないが、
 とべる小鳥はわたしのように、
 地面をはやくは走れない。


 わたしがからだをゆすっても、
 きれいな音はでないけど、
 あの鳴るすずはわたしのように
 たくさんなうたは知らないよ。


 すずと小鳥とそれからわたし、
 みんなちがって、みんないい

 十月の中ごろから今日まで、いろいろな準備をしてきました。ステージ練習に版画、工作、手話と、たくさんのことをしました。もう、学習発表会まであと2日しかありません。でも、ずっと練習を続けてきたのでうまくいくと思います。失敗したって、みんなの努力がはたらいているから、それでいいと私は思います。すっと練習を重ねてきて、がんばるのが努力です。私にも努力があるし、みんなにもあるはずです。せいいっぱいやれば、それでいいと思います。(M子)
跳び箱
 本番では、きんちょうしていたので跳び箱で失敗してしまいました。でも、ぼくは、これまで一生けん命練習してきたので、自分ではまんぞくできます。これからも、跳び箱をもっと練習して、うまくなりたいと思います。(S男)
バンブーダンス
「イルカはザンブラコ」


マット運動
 今日、学習発表会はドキドキしました。でも、詩を言い終わったら、楽しくなって、ふしぎだなと思いました。
 イルカはザンブラコも楽しくできました。楽しくやっていると、失敗しませんでした。終わったら、はく手がたくさん来たので、うまくできてよかったなと思いました。(T男)
一輪車
縄跳び
 3年生の番がやってくると、頭の中が真っ白になってしまいました。けれども、今までの努力をお客さんにみてもらおうと考えて、勇気を持って大きな声で詩を読みました。そして、一輪車と縄跳びを一生けん命やると、今までの十倍ほど汗が出てきました。最初はドキドキしていたけど、一生けん命やるとこんなにも気持ちがいいんだなと思いました。(N子)  舞台の上に立ったとき、とても緊張しました。いっぱいのお客さんがいました。・・・縄跳びは、大縄が引っかかってしまいました。でも、最後のポーズが決まったのでとてもうれしかったです。
 家に帰ってから、ビデオを見ました。お母さんに
「後ろとび、とてもじょうずだね」
と言われて、とってもうれしかったです。(H子)
ボール・フラフープ

手話
「世界にひとつだけの花」


ナンバーワンにならなくてもいい
もともと特別なオンリーワン!
 始まるとドキドキしました。でも、詩を言い終わると楽しくなりました。「不思議だな」と思いました。『イルカはザンブラコ』も楽しくできました。楽しくやっていたら、失敗もせずにできました。フラフープで声を出すときは、大きな声で言って楽しみました。手話も練習のときより、とってもうまくできました。楽しくやると、うまくできて、うれしくなりました。(T男)
 



 学習発表会が終わって思ったことは、練習を何回も積み重ねると、本番ではその成果が出るということです。このことを考えていると、練習していた様子が頭に浮かんできます。休み時間も家でもがんばると、ステージに上がっても、最初は緊張するけど、そのうちに楽しくなってきます。だから、私は学習発表会が好きです。今年の学習発表会は、いい思い出になりました。(I子)
10月26日(日)
学習発表会
ステージ発表の部
みんなちがって みんないい チャレンジ・ザ・ベスト