清湖小との凧揚げ交流

5月4日、児童会の子どもたちとPTAの有志の方々とで、石川県内灘町の凧祭りに大門小学校のキャラクターを描いた三畳の大凧をもって参加しました。内灘町は千里浜で知られるように海辺の町です。そこでは、清湖小学校のお友達が待っていてくれて、凧揚げを通して交流を楽しみました。次は大門町の凧祭りでの再会が楽しみです。

海辺の町、内灘。海風がほどよく絶好の凧日より。町中の人が集う様子は大門町と似ています。 さっそく持参の大凧を組み立てます。やっぱりお父さんは、頼りになるなあ。 よっしゃ。せぇのー。いよいよ出陣じゃ。うまく風に乗って空高く揚がるといいなあ。
今年の凧は「だいちゃん、もんちゃん」の絵柄です。カラフルでかわいいでしょ。 な、なんと、大門小の大凧が見事に準優勝。びっくり、どきどき、うれしい表彰式。 さて、祭りにつきものなのが「ごみ」。発見!内灘のごみステーションはこんなふうでした。