v

みんなが輝いた運動会

小学校最後の運動会。「悔いのないよう、精一杯やろう」とみんなで声をかけあって取り組みました。団長、応援団長などいろいろな役割もすべて子どもたちで話合い、希望者を最優先して決めました。みんなやる気まんまん。毎日遅くまでがんばる姿が忘れられません。子どもたちがそれぞれのよさを生かして輝ける場があったと、一人一人の笑顔を見て手応えを感じました。保護者のみなさま、いろいろとご協力、ありがとうございました。

五月晴れのもと、二人で考えた元気いっぱいの選手宣誓。全団の代表としてみんなの意気を高めます。 行進やラジオ体操も真剣にやるのが、今年の6年生のすごいところ。こんにゃく体操なんて言わせない。 いよいよ競技開始。100m走では腕のふり、ももの上げ方にポイントをおいて練習してきました。
係の仕事も必死です。これは低学年の技走の準備をしているところ。ん?!怪獣を支える6年生?! こちらは決勝審判、記録、誘導の各係が連携しているところ。家族の応援の熱気も伝わります。 応援合戦の一こま。前日の打合せで工夫したかくしだまの登場か?!息の合った演技ができました。
こちらは白団。6年生みんなの必死の演技が胸をうちます。5年生も真剣。よしっ、来年はぼくが---。 今年は一騎うちで盛り上がった騎馬戦。正々堂々と大将騎に果敢に挑みかかる勇気に拍手。 総合優勝は黄団。しかし、本当の勝者はもてる力を精一杯出しきった68名です。みんな胸をはれ。