おはなしの国

5月31日(月)
ボランティアグループ「紙ふうせん」のみなさんによる読み聞かせが始まりました。
月曜日ののびのびタイムに学校に来て絵本を読んで下さいます。

マルチルームは昔話の部屋です。
「もちもちの木」
もちもちの木がおばけみたいに
みえたよ。
「クイールはもうどう犬になった」
クイールが、めのみえないおじ
さんをたすけてあげてえらいと
おもったよ。
「ましろのあさ」
うさぎがかわいらしかったよ。
「うみをわたったこぶた」
ぶたが、はじめはひとりだった
けど、おともだちができてよかっ
たよ。


紙ふうせんのかたが、大きな
絵本を見せてくださいました。
いつ読んでもらえるのかな。
楽しみです。

「こんどは、いつですか?」と、この次が楽しみになった子どもたちでした。