11月のアルバム   4年のトップページへ
11月26日 昔ちょうさ隊「昔博物館を作ろう」
情報収集及び、まとめ中
 「昔博物館作り」が熱気を帯びてきました。
 みんなが持ち寄った、
 つづらやおかま・蛇の目傘・キセルと煙草入れ・時計などなど・・・実物をみんなで見合って、
 昔の物のよさや工夫、大変さなどを紹介しあいました。
 「頑丈に作ってあるね」
 「今でも使えそうやし、これからも、まだまだ大丈夫そう」
 など昔の物のよさをたくさん発見しています。

 『昔博物館』と題したHPでも紹介します。
 徐々に作っていきますので、お楽しみに。
  昔博物館 昔博物館のページへ
11月24日 国語「体を守る仕組み」発表会
 調べたことに、
 自分で気付いたことや
 思ったことを交えて発表しました。

 初めて知ったこと、なるほどと思ったことなどが
 たくさんあり、 
 みんな真剣に聞いていました。
11月22日 昔ちょうさ隊
「昔博物館を作ろう」
 身の回りにある昔のものについて調べ、まとめています。
 
 写真を撮ったり、
 使い方や特徴を聞いたりしてきたことに、
 自分の思ったり考えたりしたことを加えて、
 一枚のカードにコンピュータを使ってまとめています。

 弁当箱、そろばん、火鉢など様々な昔のものが集まってきました。
 調査にも協力いただき、ありがとうございます。
11月19日 国語「体を守る仕組み」
 体を守る仕組みについて
 大きな紙に身長サイズの絵を書く人、
 調べたことをカードにまとめる人、
 貼る場所を考えて、線を書き込む人。
 
 協力して作業を進めています。

 来週は、発表会です。
 
11月17日 国語「体を守る仕組み」
 わたしたちの体は、生まれてからずっと、休みことなく働き続けています。体は、どんな仕組みで働いているのでしょう。
 体について、よく見つめ、調べ、考えて、記録に残しましょう。

 図書館司書の先生に、適当な本を教えてもらったり、
 保健の先生にも、アドバイスをもらったり、本を借りたりして、グループごとに大きな紙にまとめています。
11月15日 体育館解体
 体育館が、どんどん壊されていきます。
 
 「恐竜の口みたい」
 「かにのハサミみたい。すごい器用や」
 
 屋根がはがされ、
 鉄骨が切り離されていくたびに
 「わあ!」
 「すごい!」
 などの声が上がりました。
 
11月9、15日 図画工作「絵手紙」
 『身近なもの』や『秋を感じるもの』をテーマに
 絵手紙を描きました。

 リコーダーと教科書の絵に
 「3年生のときから大好きだったよ」
   
 紅葉やイチョウの葉の絵に
 「11月 きれいに色づいた」や
 「秋ですよ」
 などの言葉をつけました。
 
 どの作品にも 味があります。
11月12日 社会「おじいさんやおばあさんが
子どものころ」
 「今」と「お父さんやお母さんが子どものころ」と「おじいさんやおばあさんが子どものころ」に分けて、毎日の生活で使う道具について話し合いました。

 ずいぶん変化していることや便利になっていることに気付き、さらに調べてみようということになりました。

 子どもたちが、家や近所などで調べ活動を行った際には、ご協力よろしくお願いします。
11月4日 係ゲーム集会
 保健係の「目かくし足ぶみゲーム」
 目かくしをして、一分間その場で足ぶみをします。
 だんだん動いてしまい、笑いがいっぱいあふれていました。 
 勉強係は「漢字パズル」
 画用紙に大きく書いた漢字が、細かく切られていて、 グループで協力して元の漢字に戻すゲームを考えました。

 他の係も、みんなが楽しめるゲームを考え、準備をしました。司会や進行なども協力して行い、楽しい時間をすごせました。