☆校外学習で火おこし体験☆
埋蔵文化財センターで火おこしを体験してきました。

火おこしのやり方

@ 木を削ってけむりを出す。
A 木を削って出た、黒い粉にもぐさをかぶせる。

B 熱くなったもぐさに、おがくずをかぶせる。

うまくいけば、おがくずに火がつきます。 

体験者の感想

 始めは楽しそうだなって思っていたけど、やってみるとすごく難しくて、火がついた人は2、3人でした。けむりは出ても火がつかなかったのでくやしかったです。
 今ならマッチや、ライターですぐ火をつけられるけど、昔の人はこんな難しいやり方で火をつけていたなんて大変だなと思いました。
このページは、6年児童が作成しました。

勾玉作りのページへ!