おはなしの国 なかよし会

2月13日に、今年度最後の読み聞かせ「おはなしの国」がありました。
「おはなしの国」は幼稚園児と低学年の子どもたちが対象なので、
2年生の子供たちにとって、これが最終回になります。
読み聞かせをしてくださる「紙ふうせんの会」のみなさんと
楽しいお別れ会をしました。

パネルシアター「かさじぞう」
子どもたちがお話を読み、紙ふうせんの方が人形を動かしてくださいました。
力を合わせて、パネルシアターのでき上がりです。
エプロンシアター「3びきのやぎとがらがらどん」
子どもたちがお話を読み、紙ふうせんの方がエプロンの上で人形を動かしてくださいました。
トロルがエプロンのポケットの中から出てきてびっくり!歓声が上がりました。
パネルシアター「やさいくだものだーいすき!」
好きなくだものを内緒で選びます。
選んだくだものがどの枠の中にあるか答えていくと・・・。
何を選んだか知らないはずのマジシャンに当てられちゃった!
何で分かるんだろう?
2年生から歌のプレゼント
心を一つにして「ビリーブ」を
歌いました。
紙ふうせんの会のみなさんと
一緒に「雪」を歌いました。
歌の終わりに紙ふぶきを雪の
ように降らせてくださいました。
2年生からお礼のメッセージ
わたしも、紙ふうせんさんみた
いに上手に本が読めるように
なりたいです。
2年生からお礼のメッセージ
本が好きじゃなかったけど、
読んでもらったら楽しかった
です。
2年生からお礼のメッセージ
読んでもらった本がおもしろ
かったので図書室で借りま
した。
みんなからのお礼の手紙を
渡しました。
ありがとうございました。
紙ふうせんの会の方のお話と
本を読んでくださった方の紹介

小学校に入ってから2年間、幼稚園の時から参加していた子は3年間、
月曜日のおはなしの国を楽しみにしていました。
紙ふうせんの会のみなさんからたくさんの本を読んでいただいて、
本のおもしろさや、読書の楽しさを教えていただきました。
ありがとうございました。