大門町の特産物を食べよう

9月13日(火)に大門町の特産物がメニューになった特別な給食がありました。
「ふるさと食材活用事業」という町の事業です。

家からおにぎりを持参し、給食で出た「鮎、マスカット、梨」とともに
グリーンパークで食べました。

ファミリーごとに集まって
町長さんのお話を聞きました。
JAの方から、大門町で作って
いる梨とマスカットについて、
漁協の方からは庄川の鮎に
ついてのお話を聞きました。
漁協の方がグリーンパークで
鮎を焼いてくださいました。
お話を聞いた後、ファミリーごとに集まって食べ
ます。焼きたての鮎をファミリーのリーダーが
配ってくれます。
教室で配られた「梨とマスカット、学校農園で
5年生が収穫した枝豆」に、鮎がそろったら
「いただきます!」
鮎は骨まで柔らかくて、こんがり焼けたしっぽは
もちろん、頭まで丸ごと食べられました。
児童代表が、農協、漁協の方に感謝の気持ちを
伝えました。
ふるさとの味はとてもおいしかったです。

鮎も梨もマスカットも、5年生が収穫してくれた枝豆も、家の人が作って
くださったおにぎりも全部おいしかった今日の給食は、特別な給食でした。