交通安全教室

子供たちの交通安全意識を高めて、子供たちが交通事故にあわないようするために、
幼稚園児と1年生、3年生を対象にして交通安全教室を実施しました。
小杉警察署と大門交番の署員の方々に指導をしてもらいました。



幼稚園と1年生は、「安全な歩き方」について教えてもらいました。

道路を渡るときは
『足で止まる』『目で見る』『耳で聞く』ことが大切だと
教えてもらいました。
幼稚園児と1年生で縦割りのグル−プをつくりました。
仲良く手をつないで歩いています。
信号機のない横断歩道を渡ります。
車がこないか確かめ、
渡るかどうかグル−プで判断します。
信号機のある横断歩道を渡ります。
車が止まるのを確かめてから渡ります。

普段も『止まる』『見る』『聞く』を守って道路を横断しましょう。

3年生は、「自転車の安全な乗り方」について教えてもらいました。

自転車に乗るときはまず点検をします。
点検するところは、『ぶたはしゃべるら』と覚えます。
        ぶ−−ブザ−
        た−−タイヤ
         は−−ハンドル
      しゃ−車体
      べる−ベル
       ら−−ライト
1回聞いたら、忘れませんね。

このあと、ビデオを見ました。
交通事故の怖さがよくわかりました。




夏休み中も、交通事故にあわないように一人一人が気をつけましょう。
『自分の命は自分で守る』を忘れないでください。