ステージ発表
     劇 「スイミー」

 2年生は、国語で学習した「スイミー」を劇にしました。
  139名全員が、せりふを大きな声で言いました。
  また、せりふだけでなく、バンブーダンス、フラフープ、長なわとび、マット運動、馬跳び、 パラパラなど、いろいろなことにも挑戦しました。

  広い海のどこかで、小さな魚の兄弟たちが、楽しくくらしていました。
 小さな魚の兄弟たちは、みんな赤いのに一匹だけは真っ黒。名前は、スイミー。
 そこへ、まぐろがやってきて赤い魚たちを一匹残らず飲み込んでしまいました。
 逃げたのは、スイミーだけ。
  独りぼっちになってしまったスイミー。けれども、海の仲間たちに出会う中で、だんだん元気を取り戻していきました。
(写真は、虹色のゼリーのようなくらげ)
こんぶやわかめのフラフープダンス。  イソギンチャクのパラパラダンス  小魚たちの長なわとび
  ある日、スイミーは、スイミーの兄弟と同じ赤い魚たちに出会いました。
 そして、みんなでまぐろをやっつけるためにトレーニングを始めました。
  イミーの作戦で、みんなが一つになって、一匹の大きな魚のふりをすることになりました。そして、スイミーが目になって・・・。  そこへ、大いばりで現れたまぐろさん。スイミーたちを見て、びっくりして逃げていきました。スイミーたちは、力を合わせてまぐろを追い出したのでした。
子どもたちの声
・  わたしは、大なわをうまくとべました。ひっかかったけど、じょうずにとべて、うれしか  ったです。 せりふもどきどきせずに言えて、うれしかったです。
・  わたしの出番が来るまで、きんちょうしていました。せりふの時は大きな声を出しまし た。私の出番が終わったら、すっきりしました。
・  パラパラのときは、がんばって歌に合わせて踊りました。みんなでおどったのが楽か ったです。
・  最初は緊張しなかったけど、自分の出番が近づいてきたら、緊張してきました。せり ふを言うときは、劇の中で一番緊張しました。でんぐり返しをした時は、あまり緊張しま せんでした。劇が終わったらすっきりしました。