校外学習   社会科見学


 2月6日(火)に、射水消防本部、富山県警察本部の見学に行きました。


射水消防本部

平成17年の3月にできたばかりの消防本部です。消防署の方が、自分の経験をもとに、ていねいに説明してくださいました。 通信指令システムのしくみをVTRで視聴しました。119番通報から出動するまでのしくみを知り、そのスピードに感動しました。


火事の原因や種類など、消防に関する様々な説明を受けました。
また、なぜ消防の仕事についたのかという質問に、「人を助ける仕事がしたいから」と聞かされ、子供達はおおきくうなずいていました。
メモを一生懸命にとりながら、真剣な表情で話を聞いています。


通信指令室の見学をした後、分からないことや疑問に思ったことを質問しました。 消防ポンプ車やはしご車を間近で見ることができ、その迫力に驚きました。



富山県警察本部

「何でも聞いていいよ」という言葉に、子供達は素朴な質問をたくさんしました。 子供達の質問一つ一つに丁寧に答えてくださいました。


「富山県の110番はすべてここにつながって、どこからかかってきたのかすぐ分かるんですよ」と聞き、驚いていました。 「大きいなぁ!」間近で見た信号機の大きさにビックリしていました。確かに大きいですね。



ワンダーラボ

おいしい弁当を、みんな集まって食べました。さすが3年生、ゴミはほとんど落ちていません。 昼食後、いろいろなおもちゃで遊びました。空気の力にビックリ!


みんなで一つの球の動きを目で追っています。この球はこの後どのようになっていくのかを真剣に見つめています。 コロコロ転がる球、ついつい目で追ってしまいますね。子供達の目もキョロキョロでした。


射水消防本部や富山県警察本部で働く人たちの苦労や工夫を実感できた校外学習でした。

3年トップページに戻る