静岡県水見色小学校との交流集会

平成11年7月25日(日)

 静岡県の水見色小学校4、5、6年の児童の皆さんと保護者の方々、そして校長先生、教頭先生が立山登山を終え、浅井小学校に寄っていかれました。

 そして、本校の子供たちと楽しい交流集会を行いました。浅井小学校の子供たちは5月に参加した「越中大門凧祭り」と昔浅井地区で起こった大水害についてデジタルカメラの画像を見せながら紹介しました。そして力強い「浅井太鼓」も披露しました。

 水見色小学校の皆さんも学校紹介をしてくださいました。学校近くからは日本一の山「富士山」が見えるそうです。立山に登られ、どのように感じられたのでしょうね。  なんと子供たちが作詞、作曲したという歌を披露してくださいました。とてもさわやかですばらしい歌声でした。

お互いの学校紹介をした後は両校入り混じっての楽しいゲームが行われました。

 「3人。」「8人。」という司会の言葉で、グループを作りました。うまくグループに入れなかった人は自己紹介をしました。
 最初は自分の学校の子供たちだけでグループを作っていたのですが、そこは子供たち、すぐに打ち解け、両校入り混じってグループを作っていました。
 ゲームが終わると、水見色小学校の教頭先生が、昔カブスカウトで覚えられたという楽しい踊り?を教えてくださいました。体全体を使っての表現運動。すごいパワーでした。一気に集会が盛り上がりました。 

 


 水見色小学校との交流の仲を取り持ってくださったのが、大門町の村上さんです。どうもありがとうございました。

 この集会を機会に、これから浅井小学校と水見色小学校がさらに仲良くなり、いろいろな場面で楽しく交流ができるようになるといいですね。

 水見色小学校のみなさん、よろしくお願いします。