さけの学習(生活科)

11月16日 生活科ふるさと学習の一環として、庄川のさけのやな場の見学に行きました。体長80センチ以上の大きなさけが次々にあがってきて、みんなびっくりしました

さけは、4年間も海で育って、大きくなるんだって。ふるさと庄川をわすれないなんて かしこいね。 見て見て、迫力あるなあ。卵を生むため、きずだらけになって命がけでかえってきたんだね。

 11月28日には広上の養魚場へ見学に行きました。今度はさけの人工授精を見せていただきました。メスのさけのおなかには、たまごがびっしり。受精させた卵を暗いところで大切に育てているそうです。わたしたちにもできるかなぁ。

メスの卵を取り出して、人工授精させるところを初めてみて、おどろいた。冷たい水で大変そうだよ。 これが孵化したさけの赤ちゃん。すごく一生懸命泳いでいるよ。生きているんだなぁって実感した。