4月24日に庄川へ鮎の放流に行ってきました。  

大門町では、毎年1月から中間育成施設で育てた

子どもの鮎を庄川に放流しています。     

               

クリックすると一枚表示します
クリックすると一枚表示します
クリックすると一枚表示します

 初めに、大門漁業協同組合の方から、お話を聞きました。鮎が自然の中で大きく育つように願っておられるそうです。

大きくなってほしいなと願ってそっと川へ、はなしました。

 元気に泳いでね。鳥に食べられないように、気をつけてね。


クリックすると一枚表示します
クリックすると一枚表示します

一緒に、鮎の放流に参加した大門小と櫛田小の2年生と仲良くできるように、名刺カードの交換をしました。

 「これから仲良くしてね。よろしくお願いします。」握手をして、嬉しかったです。