サケの学習パート2

大きくなったよ、ぼくらのサケ

 

 浅井小学校2、3年生で育てているサケが孵化、だんだん大きくなりました。

当番さんが心配そうにカバーをめくっては「ああ、よかった。今日も元気だ。」と記録しています。去年は、水槽がオーバーフローして、1度に10尾くらい死なせてしまったという失敗があったからです。今年はおかげさまで、今のところはすこぶる元気。うれしいです。

11/26 これがいただいたばかりの発眼卵。きれいなオレンジ色です。うすい白いまくがはっていて、卵をまもっています。

12/6 生まれた、生まれた、サケの赤ちゃん。1cmくらい。ちいさなしっぽを出しました。

1/10 大分さいのうがちいさくなり、魚らしくなってきました。1.5cmくらいです。

1/16 もうすっかり稚魚の形。えら呼吸にかわるのだそうで、うまく適応できない稚魚は死んでしまいます。 1/30 毎日こうやって観察します。ふだんはビニールカバーをかけてあります。当番が水温を計り、記録しています。 1/30 3cmぐらいです。カバーを開けると明るくなって、びっくりしています。このまま元気に育ってね。

                     次へ