平成13年9月21日(金)


 「おじいちゃん、おばあちゃん、ようこそお出でくださいました。いつもお世話いただき、本当に有難うございます。今日はわずかな時間ですが、ごゆっくりとお過ごしください。」
と、子どもたちの開会のことばで始まった「ことぶき感謝集会」です。
 今年はいつもと違って、二部構成にし、少しでもおじいちゃんたちとふれあう時間を多くしようと計画しました。おうちでの姿とは違った子どもたちの様子を見て、目をほそめていらっしゃいました。
 
第1部 くつろぎタイム     第2部 ふれあいタイム
 ・はじめのことば(企画委員)  ・昔のあそびを楽しもう・幼、1〜3年生
 ・校長先生のお話        ・昔のお話を聞こう・・・・・・4年生
 ・浅井太鼓(6年生)      ・名刺づくり(パソコンで)・・5年生
 ・手遊び・歌遊び(幼稚園)   ・ゲ−ムで楽しもう・・・・・・6年生
 ・全校合唱(大好き大門)
 ・寿学級の方のお話(学級長)
 ・終わりのことば(企画委員)
 受付係さんは、しっかりと挨拶をして名簿のチェックです。  案内係さんは、名札を見て席に案内しました。  お多用の中、こんなに大勢の方が来てくださいました。

 

第1部 くつろぎタイム



  おばあちゃんたちに渡した招待状。心をこめてつくったので、何日も前から、楽しみにしておられたようです。   企画委員の皆さんによる進行です。全体の様子を見て、てきぱきと指示をすることができました。

 

 6年生のデビュ−です。夏休み中の特訓ですばらしい演奏として仕上がりました。お客さんを前に初めての演奏でしたが、曲のイメ−ジを表現できるまでに上達していました。会場の皆さんも、力強い演奏に心を打たれていらっしゃる様子が伺えました。  幼稚園の子どもたちによる演技です。一生懸命に歌ったり、動作したりしている様子は可愛いですね。  みんなで「大好き大門」の歌を歌いました。「大門町は素敵な町だな」と、うなずきながら歌っていらっしゃるようでした。歌詞の中にあるように、いつまでも自然がいっぱいの、心温まる町であってほしいと思いました。

 

第2部 ふれあいタイム

 3年生による昔の遊び開始のセレモニ−です。  「けんだま」に挑戦  「こままわし」は、ひもをまくところが一番のコツだよ。
 カラフルな「紙風船」です。思わず、ひとつ、ふたつ、みっつ・・・と数えました。  「お手玉」はいろいろな遊び方があります。片手でする操作、両手でする操作、両方をうまく使ってやる遊び、お手玉の数をふやしていくなど、思い思いのやり方でおばあちゃんたちも得意そうでした。  「あやとり」はひとりでいろいろな形を作って遊んだり、グル−プで順番に取り合ったりといろいろと楽しめます。昔を思い出して懐かしそうでした。  「おはじき」はとってもきれいですね。昔はお気に入りのものを自分の宝物にして、しっかりとしまっていたものです。いろいろと遊び方を教えてもらいました。

 

 教室いっぱいに集まっていただいたおじいちゃんたち。庄川や鴨川で遊んだこと。今みんなでお世話しているトミヨのこと。戦争の体験。時間が足りないほどでした。昔のお菓子(こおりもち)までいただいて本当によかったですね。  パソコンの得意な5年生は、一人一人にインタビュ−して、オリジナルな名刺を
作ってあげました。
 一緒にゲ−ムなどをして楽しんだ6年生。少人数ということもあり、一番たくさんふれあえたようですね。

 


おじいちゃん・おばあちゃんの感想
・久しぶりに童心に返り懐かしく思いました。家庭では味わえない孫との貴重なふれ あいのひとときを体験させていただきました。
・忙しい日々を送っているので、とってもホットな時間を過ごせたと思います。
・1部2部といろいろ趣向を変え、学年毎に子どもたちが一生懸命頑張っていまし 
 た。パソコンの前にいる孫の成長ぶりを感無量でながめていました。
・ふれあいタイムでは、楽しく遊んでいる孫の笑顔を見て、日ごろあまり遊んでやっ
 ていないと反省もしました。これからは時間を見つけて少しでも遊んでやろうと思
 いました。
・祖父母の座布団がよかったです。心温まる気配りが感じられました。子どもたちの
 成長が楽しみです。来年も是非出席したいです。