日時 平成13年8月1日(水)10:00〜11:30

会場  大門町総合会館 大ホ−ル


 21世紀を担う大門町の子どもたちの代表が一堂に会し、将来のふるさと大門町の姿について感性豊かな夢のある意見を提言します。子ども議会の活動を通して、子どもたち自身の心に大門町民として自覚と誇りが育ってくれることを願っています。
 今年度は第2回目であり、各学校では昨年の経験を生かし、工夫した取り組みがなされています。ぜひ、地域のみなさんにもお聞きいただきたいということで会場も町総合会館に移されました。保護者のみなさまはじめ、地域の方々もご都合のつく方はぜひ足をお運びいただきますようご案内申し上げます。

 

         
        本 会 議

 
 1 開   会
 
 2 主催者あいさつ    町教育長    荒井茂昭       
 3 激励のことば    町議会議長  大塚春治 
 
 4 委員会発表
  ・「みんなで 大門町を『やさしい町』にしよう 
      やさしい町大門町委員会 (浅井小学校)
  ・「いつまでも 大切にしたい
         わたしたちの自然」  
       自然豊かな大門町 委員会 (櫛田小学校)
  ・「緑地公園に生き物を呼ぼう」        
       ビオト−プを広げよう委員会(大門小学校)
 
 5 講   評       大門町長     田所  稔 
 
 6 閉   会


 本校では、大門町を「人」「環境」「施設」の3つの窓口からみつめアンケ−トや調査取材活動の結果をもとに、本当のやさしさとは何か、やさしい町とはどんな町か、そして自分たちにできることは・・・・と考えたことを提言します。
 子どもたちがどのようなところに目をつけ、どのような迫り方をするか興味のあるところです。子どもたちが今の大門町をどのようにとらえ未来の大門町に向けて何を発信するでしょうか。
 子どもたちのユニ−クな考え方をご期待ください。