脱穀・もみすり体験
脱穀
 地域の方に、昭和初期に使っていた「あしふみ脱穀機」を借りて、挑戦しました。
もみすり
選別
 JAに行って、機械でもみすりをしてもらいました。すりばちと野球のボールでもやってみた子もいましたが、とっても大変でした。
機械で、くず米と玄米に分けてもらいます。
JAに肥料代172円借金しているので、くず米ばかりだと、借金を返せるか心配です。
「くず米ばっかりだったらどうしよう。自分たちで食べる分がなくなってしまう」・・・どきどきの一瞬でした。
借金返済
肥料代172円をJAに借金していました。お金がないので、みんなでがんばって作ったお米約500グラムで返しました。
「夏休み中も、かげながら私たちの活動を見守ってくださってありがとうございました。いろいろ協力してもらったおかげで、こんなにたくさんのお米が取れました。」
これまでがんばったかいがあったな
 肥料代として一度は受け取ったお米。
 それを、みんながこれまでがんばったごほうびに、JAの方がプレゼントしてくださいました。
  「やった!ありがとうございます。」
  「たくさん食べられるぞ。」
  「これまで苦労したかいがあったな。」
これまで、いろいろ協力してくださった地域の方々、
        
本当にありがとうございました。