待ちに待った田植えの日
 まっすぐに植えられるように、ひもに赤いテープをつけました。休み時間に子供たちで準備しました。
 いよいよ待ちに待った田植えです。校長先生に植え方を教えてもらい、スタートです。
 子供たちで石拾いをし、スコップで土をならしたのですが、なかなかうまくいきません。そこで、教頭先生の助けを借りて、代掻きをしていただき、やっと田植えの日(5月14日)を迎えました。
 むこうでは、井戸掘りのやぐらの準備をしてくださっています。
 狭い田んぼにクラス全員が入っては、植えた苗がぐちゃぐちゃになってしまう!!
 そこで、はしごの上からの田植えとなりました。ちょっと変わった方法です。でも、グッドアイデアでしょ!
 きれいに植えることができました。水を入れて完了です。バンザーイ!