浅井太鼓


    ことぶき感謝集会で演奏
  活動の中で誇りとしているものに、
「浅井太鼓」の演奏があります。
 太鼓の演奏は、これまで運動会やこ
とぶき感謝集会、学習発表会公民館ま
つりなどで行っています。

 演奏曲目は、幾多の水害を乗り越え
た力強い住民の気迫が感じられる「浅
井太鼓」と地域住民の幸福を祈って演
奏される「千年太鼓」があります。
数年前から、6年生全員で演奏するよ
うになりました。

  本校の浅井太鼓の演奏はまだ歴史的には浅く、10年くらいしかたっていません。しかし、昔から庄川はよく洪水が起こったので、水太鼓として打ち鳴らされ、太鼓は地域の人々に大変身近な存在になっています。  
 演奏にあたっては、練習を重ねることによって心が一つになり、太鼓の音色も澄んだ音になるようにと一生懸命頑張っています。

<近年の主な演奏>

平成11年5月22日
 庄川・小矢部川連合水防演習で演奏

 参加者5000人、中部七県にわたる本番さながらの水防訓練をまのあたりにみて、過去の洪水の教訓をしっかりと胸に刻みました。

平成12年10月16日
 2000年とやま国体相 撲競技の部・アトラクショ
  ンでの演奏

 力強い国技としての相撲にふさわしい太鼓の演奏、全国のみなさんに披露できました。

 
平成13年10月16日
 富山県連合児童クラ
  ブ大会で演奏

  大きく、真新しいアリ−ナでの演奏でとても緊張しました。

目次へ