大門町子ども議会
 今年で第3回目となる大門町子ども議会。各小学校がそれぞれのテ−マに基づき、学校での活動をもとにまとめたことを、町当局に提言をしました。町の様子をいろいろな角度から調査研究し、子ども達の意見を述べる機会を与えていただき感謝申し上げます。
 自分達の学習したことを町長さんはじめ、町議会議員や町民のみなさんに聞いていただいたこと、町が子ども達の意見を是非町政に反映させたいという気持ちが伝わったことなど、とてもよい体験だったと思います。大門町の様子を知れば知るほど、住みよい町であることを実感しました。さらに夢のある町づくりをみなさんとともに考えていきましょう。
 
  
 ○各学校のテ−マ
  ・浅井小学校    「大門町を住みよい町に」
  ・櫛田小学校    「情報化の進んだ町をめざして
                  〜交流って すばらしい〜」
  ・大門小学校    「みんな笑顔 やさしさあふれる大門町」  
平成14年8月1日(木)
任命式
 平成14年5月14日(火)
 大門町役場301号室で、3小学校の議員29名の任命式が執り行われました。町長さんや教育長さんから励ましのことばをいただき、緊張した面持ちで任命証を受け取りました。
本会議
平成14年8月1日(木)10:00〜
 子ども議会は委員会と本会議で構成され、委員会ごとに学習活動や調査活動したものを本会議で発表するという形で行われました。
 議長が進行役をつとめ、内容も20分以内にまとめ、プレゼンテ−ションを使ってわかりやすく発表しました。
住みたいまち 大門町委員会
浅井小学校
     6年生になって−小グランドキッズワールドプロジェクト
 
小グラウンドでは、サッカーやブランコをしたり、畑を作ったり、稲を栽培したり、観察池で魚を飼育したり、いろいろと楽しんだり、学んだりしています。しかし、もっとみんなが楽しむことができるようにと工夫してみようと考えました。
      5年生のとき−渡り廊下レインポープロジェクト
 
殺風景な渡り廊下を、きれいにゆっくり楽しみながら歩きたいとの願いのもと、星空班、青空班、自然班、水班に分かれて企画、実践しました。
ゆらゆらハンモック
船、浅井号の改装
みんなが集う、ホタル小屋
ホタルが舞う、小川づくり
ちょっとお話、ベンチ
腕力勝負、雲梯
小グランドを楽しく、安らぎのある場に
大門町も「楽しさ」と「安らぎ」のある町に
 町の施設を訪問したり、アンケ−トをおかせていただいたりして、満足度とか楽しく安らげるかなど意見を聞きまとめてみました。
@子どもだけでなく、大人も一緒になって楽しいと感じられるもの
A大門町の特色が生かされるもの
浅井小学校からの
    提言
○大門総合運動公園
 室内温水プ−ル、グランド
 アスレチック芝生公園、体育館
○大門郷土資料館
 博物館、歴史館、産業展示館 
 その他音楽ホ−ル等
○鴨川に散策路を
 ベンチや木陰をつくり、水中がのぞける設備を整える
大門町情報化推進委員会
櫛田小学校
 インタ−ネットを使って多くの学校と交流してきたことをもとに、もっと広げようと提言。
 @バケツ稲での交流
 Aデジカメマップでの交流
 B子ども広場での交流
 Cテレビ会議での交流
 D一年間の記録をCDーROMに
情報化の進んだ町をめざして  〜交流ってすばらしい〜
@町のホ−ムペ−ジに子どもたちも書き込める電子掲示板があるといい。
A町のケ−ブルテレビの導入に伴い、インタ−ネットを利用し、多くの人から意見を求めたり、町民のふれあいができるような仕組みがあるといい。
やさしさあふれる大門町委員会
大門小学校
〜みんな笑顔 やさしさあふれる大門町〜
 笑顔とやさしさでいっぱいの大門
町にしたいと願い、町の自然環境と福祉活動の面から現状を把握するために調査活動を行った。
@自然を守るために、いろいろなボランティア活動がある。
A子ども達やお年寄り、障害者の方々の交流を深めることが大切。

 誰にでもできるボランティアから始めよう!!
 ・草取り、ごみひろい
 ・あいさつ運動、切手収集、
  お年寄りとの交流
〜大門町をすみよいまちに〜