平成14年4月20日(土)

 平成14年度は、学校週五日制の完全実施の下、新教育課程がスタ−ト
する節目の年となります。移行期2か年の準備期間では、各学校が実態に
合わせてそれぞれ工夫をして準備をしてきました。本校でも、地域の特色
を生かした取組みができるようにと研修を重ね、カリキュラムづくりを行
いました。子どもたちの輝きの場を多くつくるよう支援していきたいと思
っています。保護者の皆様のご協力をお願いいたします。       



算数

かずのなまえ
 入学してからはじめての授業参観でした。この度の改革で教科書も一新し、とても楽しく学習できるように構成されているとの印象を受けました。「かずのおけいこ」道具を使って、どの子も、一生懸命学習している様子をおうちの方に見ていただきました。

 

二年 算数

10がなんこあるかな
 新入生を迎えて一番うれしかったのが2年生。教室も移り、ちょっぴりお兄さんになった感じです。担任の先生も変り、一人一人がまた新しい気持ちで取り組めそうです。算数の勉強も身近な素材を生かして、楽しみながら身につけていきましょうね。

 

なでし
こ級
生活単元

たのしい学校
 新しいおともだちが一人増えてとってもにぎやかになりました。Rちゃんも学校のことをいっぱい教えてあげようとはりきっています。今日は気球に乗って学校探検しようと「はりえ」をしました。小鳥のように飛んでみると、学校はどんなふうに見えるかな。

 

三年 国語

きつつきの商売
 きつつきが「おとや」というお店を開きました。はじめのお客は野うさぎでした。注文したぶなの音やそれを聞く野うさぎの様子を、校庭の木々をながめながら、想像力を働かせて学習しています。お父さん達もいっしょになってかんがえておられたようです。

 

四年 算数

大きな数
 世界のいろいろな国の人口をもとに、大きな数の学習をしました。「億」という単位が出てきましたね。それはどれくらいの大きさなのでしょう。
 大きな数は、4ケタごとに万、億、兆と変化していくことを見つけたり、大きな数を声に出して読んだり、漢数字で書き表したりしてみました。

 

五年 総合

米プロジェクト
  小グランドの一角で米づくりをすることになった五年生。田んぼとするところに泥さえ入っていないところからの挑戦。何から考えていけばよいか、プロジェクトの課題も多い。グル−プごとに知恵をしぼっています。学校のまわりの田んぼではもう準備が始まっています。苗の植付けの時期もせまっています。米の収穫を夢見て、がんばれ五年生。

 

六年生 社会

古代ロマンを求めて
 富山県でも古代ロマンといえば、小矢部の桜町遺跡があげられますが、縄文文化と弥生文化の違いについての学習でした。資料集を参考に発表しましたが、それぞれの時代で工夫されたことが、現在でも通用しているものがあり、古代人の知恵のすばらしさにいくつも驚きと感動がありました。できれば、近くの遺跡見学をし、確かめてみたいと思いました。