盛り上がった浅井相撲大会

平成14年6月15日(土)

 伝統ある浅井相撲大会は今年で第39回を数えます。以前は中学生も青年層、壮年層も含めた地域ぐるみの相撲大会だったそうですが、今は小学生(男子も女子も)と幼稚園の子どもたちだけの大会となっています。しかし、地域に根付いている相撲だけに関心も高く、地域全戸へ観戦や応援を呼びかけたこともあって、大勢の皆さんにきていただくことができました。いろいろと趣向を凝らした今年の大会は、皆さんの応援に応えて、力いっぱい戦い、すばらしい大会にすることができました。


団体戦での優勝チ−ムに
授与される手づくりの
超特大優勝カップ

各部屋毎に6年男子が
つくったのぼり

見事な化粧まわしをした
三役の土俵入り

家族で考えた
四股名入り対戦表

 地域の人と一緒に
おいしく食べたちゃんこなべ


1年男子

2年男子

3年男子

1年女子

2年女子

3年女子

4年女子 5年女子 6年女子
4年男子 5年男子 6年男子

 幼稚園の子どもたちは、6年生から、礼儀作法や相撲の技を教えてもらいました。  遊戯室はまるで相撲部屋です。はちきれんばかりの元気な顔を描き、スロ−ガンやのぼりもつくって一生懸命稽古に励みました。  本番では、ほんものの土俵で、力いっぱい相撲をとりました。お父さんたちの応援の声が聞こえたので、「負けないぞ」と思ってがんばりました。


 午後の部は部屋別対抗戦です。大きなカップがかかっているとあって応援にも熱が入り、大変です。待ったなしの一本勝負です。どの対戦も気迫が感じられ、一生懸命の姿に観客からも大きな声援が飛び交いました。
 ここでひとつ、各相撲部屋を紹介しましょう。
 
 赤 朱雀部屋 バリバリ杉の丸親方  白 白龍部屋 酸駿魚親方
        横綱 ボンビよしお         横綱 智力道
 青 青竜
   二世部屋 ス−パー根性丸親方  黄 雷神部屋 翔龍山親方
        横綱 スーパー根性丸        横綱 
                                                    リベンジ一山

 なお、部屋毎にはもちろん「おかみさん」もおり、部屋のお世話もたくさんしました。なかでも手づくりした横綱の化粧まわしは大変好評でした。部屋のメンバーの参加賞の準備もしました。みんな気に入ったものがあたって大喜びでした。


 各学年ごとに、浅井相撲協会より賞状とメダルが当たりました。みんな首にかけてもらって大喜びでした。
 団体優勝は、青龍二世部屋でした。大きなカップを手に、みんなにこにこ顔です。記念撮影もバッチリ行いました。
 5,6年生の個人戦上位8人で競い合った御幣争奪戦。青龍二世部屋の横綱でもあるス−パー根性丸親方が、みごとに勝ち上がり、浅井相撲協会長さんより御幣が授与されました。


 6月9日に行われたわんぱく相撲射水場所兼郡大会では、4年生〜6年生の5名の選手によって争われ、次勝を勝ち取りました。
 また、個人の部でも善戦し、6年生が優勝し、県大会への出場権を獲得しました。6月23日の県大会でも見事優勝し、東京の国技館での大会に出場することに決まりました。
 
 6月22日に行われた大門町学童相撲大会では、圧倒的な勝利を納め、みごと優勝に輝きました。今年度は4年生〜6年生の7名による団体戦でした。個人戦でも6年生が1位〜3位を独占するなど、みんなよくがんばり、とてもよい成績を残すことができました。