このたび、第3回世界水フォ−ラム(2003年3月、大阪、京都、滋賀で開催)に先立ち、富山でプレフォ−ラムが開催されることになりました。このフォ−ラムの大きな目的は、子どもたちが、水を通して水環境の重要性を考え、地球環境問題に対する解決に立ち向かっていくことが期待されています。
 「水の惑星」と呼ばれる地球。しかし、私たちが利用できる淡水は、地球上の水の約0.3%に過ぎないといわれています。中でも今回は限りある地下水に焦点をあてたフォ−ラムです。
世界水プレフォ−ラムの開催案内
         日   程
1 日 時  平成14年8月19日〜20日
2 会 場  富山国際会議場
3 プログラム
< 8月19日(月)9:00〜18:00>
 ・セッションT 世界の地下水問題
        (中国、ブラジルなど5ヶ国の事例報告)
 ・セッションU 日本の地下水問題
         ・水と人間の関係
         (富山県の地下水管理を例にして)
         ・地下水汚染と地下水保全
         ・ある盆地における浅層地下水と
              地下水のかかわりについて
         ・黒部扇状地の地下水と
              河川のかかわりについて
 
・パネル展示
  
「浅井の水は ぼくらの宝」
   ・すてきな水を生かす、きれいな水を守るという
    2つの視点から、今子どもたちが取り組んでい
    る活動を紹介します。

 
<8月20日(火)9:30〜17:00>

 
・セッションV 学校の活動事例報告
          (9:30〜 12:00)

          浅井小学校 村椿小学校 
          上青小学校
          中田中学校 
          高岡龍谷高校 魚津工業高校
 ・基調講演 知って欲しい地球のすばらしい自然像
       地球環境問題に対峙して
        名古屋大学名誉教授 北野 康
 ・特別講演 地下水の集約的使用
        コムプルテンス大教授 ラモン・ラマス
 ・シンポジュ−ム 庄川扇状地の地下水

 昨年度も、浅井小学校の水に関する取組みは、庄川水フォ−ラムや水シンポジュ‐ムで紹介させていただきましたが、今回は富山県立大学のお世話で、パネル展示とあわせて参加させていただくことになりました。市民公開講座として行われるもので、入場は無料です。 
 地下水に興味のある方はぜひ会場へおでかけいただくよう、ご案内いたします。