世界水フォ−ラムで発表
(ご案内)
 世界は今水の危機に瀕しています。現在起こっている、あるいは今後予想される水問題の解決を目指し、水にかかわるあらゆる分野の人々が集まる場であり、それぞれの知見や経験を共有し、そして何よりそれを行動に移す場として、「世界水フォ−ラム」が開催されます。 
 また、2000年に開催された国連総会で、2003年を国際淡水年と宣言し、各国や国連機関及び他の関係機関に、この国際年を機に淡水の重要性に対する意識を高めること、すべてのレベルでの行動を奨励するように促されました。
     (第3回世界水フォ−ラムのパンフレットより
 大会名 第3回世界水フォ−ラム
・日時  平成15年3月16日〜23日
・場所  京都、滋賀、大阪を結んで開催

<基本理念>
 ○ オ−プンな会議
 ○ 参加する会議から一人一人創る会議へ
 ○ 議論から具体的な行動を実現する会議へ
 
 今回の世界水フォ−ラムでは、主要テ−マを参加者とともに決定するという形がとられており、ニュ−スレタ−やホ−ムペ−ジを通じて寄せられた意見を反映し、12月末に最終プログラムが決定されます。
 現在のところ
・横断的課題として、水と貧困、水と平和、水とカバナンス等
・個別課題として、水と食料・環境、水と気候変動、水と都市、水供給・衛生
及び水質汚染、水と自然・環境、水とエネルギ−、地下水・・・・・等
 その他、パネルやトピックス、特別なプログラムが用意され、地域の日も設定の予定です。

地下水テ−マ部門
○日 時  平成15年3月18日(火)〜3月19日(水)
○場 所  大阪国際会議場 特別会議室(500人収容)
○日 程  ・オ−プニングセッション
      ・日本AEH(地下水環境研究)セッション
      ・クロ−ジングセッション

<オ−プニング>
 ・特別講演1,2,3
 ・名水100選の紹介と歌
 ・日本の歌と踊り

 
<日本AEHセッション>
 ・パネルディスカッションT、U
 ・児童・学生による活動事例報告
  @秋田県六郷中学校
   「ハリザッコの研究記録」
  A茨城県阿字ヶ浦中学校
   「沢田湧水と自然環境」
  B富山県浅井小学校
   「浅井の水や自然は ぼくらの宝物」
  C富山県黒部水の少年団
   「黒部扇状地の水環境について」
  D沖縄県宮古農林高等学校
   「宮古の水を守る−土壌蓄積リンの再利用」
  E海外における子供達の活動の様子(イギリス)
   ビデオ上映
 ・表彰式
以下は、現段階(H14.11.下旬)の予定ですが、紹介いたします。
<クロ−ジングセッション>
 ・パネルディスカッション1,2
 ・宣言文の発表
 ・さようなら
浅井小学校の取り組みを