みんな大好き

 この「みんな大好き」では、家庭や教室では見せない子供たちの保健室での様子を毎月お送りしています。心もから体も発展途上の子供たち。保健室では、真っ正面から向き合い子供たちを受け止めてあげたいと思っています。

“爪切り占い・・・お試しあれ
トップページへもどる

 保健室には、ときどき友だちとのトラブルや自分の中でイライラが解決できなくて、教室へ行き渋る子供がやって来る。
 そんなとき、いろいろ対応するがなかなか教室へ行こうとしないことがある。
 そうこうしているうちに、保健室へその子を教室へ誘いに来る子供たちが、やって来る。
 わたしは、そんな子供たちを“小さな天使たち”と名付けている。
 大人には、まねのできない言葉や仕草には、こちらの方がぐっとこみあげてくるものがある。
ある子がその子の肩に手をおいて、それから、ある子が手をぎゅうっとにぎって、
何ともいえない笑顔や天使の声で、教室行きを促している。
 それは、それは、『心洗われるやさしいやさしい声』だ。
 目いっぱい涙をためていた子が、だんだん落ち着いてきたかと思うと、“小さな天使たち”は、あっという間に教室へつれていってくれる。



子供の世界に住む“小さな天使たち”。
教えられることが、本当に多い。