『今が、大事なとき・・・なんです。』

 保健室には、いろいろな子供がきます。そんなときに、「この子とどう接すればいいのだろうか・・・」と、悩むことが多々あります。そこで、『子供との接し方』や『子供の悩み』について、みなさんと一緒に考える機会がもてたらなと思いページを作りました。

トップページへもどる

私は、保健室に来た子供たちに、「自分こと、好き?」とよく質問します。子供たちは、恥ずかしいのか、ほとんどの子が「え〜、自分のこときらい。」と答えます。「自分のいやなところなら、たくさん言えるけど、好きなところ?そんなのないよ。」とこんな感じで自分を評価しています。昨年度の県の統計からも、「自分がきらい」と自己評価の低い子供が増えているという結果が出ました。日本人には昔から「謙譲の美徳」という風土があり、慎み深さが日本人のよさでもあります。もちろん、とても大切な日本人の人間性の一つであると思います。しかし、成長途上の子供たち。自分に自信を持って過ごすのとそうでないのとでは、意欲の問題とも関係して自ずと結果に大きな開きが出てきます。その意味では、子供たちの自己評価の低さは、やはり、問題にせねばなりません。子供たちは、『自分のことをもっと好きになりたい』と思っているのに、なかなかそのきっかけがないのではないかなと思います。「そのまんまの自分」の存在を好きになれるかどうかは、自分自身の働きかけだけでは足りないからです。他者からの「あなたが必要なの、そのままのあなたが大好きというメッセージ」が伝えられてこそ、『自分が好きになれる』のではないかと思います。ある精神科医の講演で、講師がたずねられました。「これまでの人生で最悪だったときの自分を思い浮かべてください。では、そのときの自分を『大好きだ』といえる人、手を挙げてください。」誰も手を挙げませんでした。講師は続けられました。「人生は、悪い時ばかりではないし、良い時ばかりでもない。必ず波がある。良い時は、波の最高潮の時、悪い時は波が最低の時。その波のどこから上を良しとするかによって、人生のとらえ方が変わってくる。最高潮のときだけを『良し』とするなら、それ以下はすべて『アウト』。波が最低の時も『良し』とするなら、それ以上は全部『OK』。」講師が教えてくださった「最悪の自分(子供)を好きになる方法」は、毎日、自分(子供)に、「こんな自分(子供)が大好き」と言ってあげることだそうです。また、A・アドラー(心理学者)は、「人間が幸せと思う3つの条件」中で、「自分のよいところも、悪いところもひっくるめて自分自身が好きであり、受け入れられることだ」と言っています。保健室でも、「自分が好きになれること」を目標に、子供たちに“良いところ”を伝えています。家庭でも、子供の心の成長を願い、試してみてください。

保健室で出会ったこころにズシンときた言葉―A>  「え〜、自分のこときらい・・・」
「自分のこときらい・・・」