「子供の医学

このページは、現在流行している病気のことや、保健室の来室で気になった病気、保健の月目標に関連した身体の働きや秘密などの子供の保健の最終情報をお送りします。

今月の気になる病気 “歯科検診の結果から”

  〜学校歯科医清水先生からのお話も交えて〜
 気になった点をいくつかあげたいと思います。むし歯をもっている子供の中に、5本も6本もむし歯になっている子供が多かったことです。かつ、その子供たちのむし歯の進行がかなり進んでいたので、早く治療を行ってほしいと思います。軽度・重度の歯肉炎になっている子供もみられました。歯肉炎は、ほおっておくとすぐに重症になりやすいです。反面、しっかり歯みがきの時に、歯肉もみがいていれば、自分で治すことができます。歯肉は、歯を支えている大切な土台です。むし歯よりも重い疾患であると考えられるので、歯みがきをするときに歯肉もみがくように、指導をしてほしいです。
 歯垢がついて、みがき残しがある子供も目立ちました。小学生の時期は、6年生になっていても仕上げみがきが効果的です。また、お子さんと一緒に歯みがきタイムを過ごすようにして、歯に対する関心を高めていってください。家庭での指導を、よろしくお願いします。

トップページへもどる