みんな大好き

 この「みんな大好き」では、家庭や教室では見せない子供たちの保健室での様子を毎月お送りしています。心もから体も発展途上の子供たち。保健室では、真っ正面から向き合い子供たちを受け止めてあげたいと思っています。

“爪切り占い・・・お試しあれ
トップページへもどる
2学期は、始まったばかりであるが、
なぜか体調不良や発熱、頭痛、腹痛などのかぜの症状を訴え、来室する子がちらほら出てきている。
そんな中、早退するため、担任の先生に家庭へ連絡してもらうが、なかなか連絡が取れない。
「おうちの人に、電話つながらんわ〜。」
そんなときの子供は、なんとも言えない寂しそうな顔になる。
しばらくすると、「先生、もう一回電話・・・」とおねだり。
「何とか、連絡ついたよ。」と話すと、にっこり。
それからは、
その子が1年生でも6年生でも、
男の子でも女の子でもみんな、
家族の方が迎えにこられることを心待ちにして、そわそわしている。
そのうち、保健室の戸が開くたびに、背伸びをして覗いている。
「待ち遠しいんだなあ〜。」
そして、家族の方が迎えにいらっしゃると、
どんな高熱があっても、ぱっと顔が輝く。
家族の顔を見て、
安心し、症状が和らぐんだろうなあ。
私は、どんなによく効くお薬よりも、
『家族の愛情や温かさ』という特効薬には、
かなわないんだなあと、
子供たちの様子を見て、優しい気持ちにさせられる