「子供の医学

このページは、現在流行している病気のことや、保健室の来室で気になった病気、保健の月目標に関連した身体の働きや秘密などの子供の保健の最終情報をお送りします。

トップページへもどる
今月の気になる病気   「むし歯は夜作られる?むし歯キンは夜に急増!!」

冬場に流行していた感染性胃腸炎ですが、まだまだ猛威をふるっています。本校でも4月中旬ぐらいをピークに保健室来室は減りましたが、まだまだ油断は禁物のようです。

原因
主な原因のウイルスは、ノロウイルスです。また、このウイルスは、人間の体内で増えるので、糞便の中には多量に出てきます。非常に少量(数個から100個程度)でも感染しますから、ちょっと汚したぐらいと思っても安心できないんです。
症状
人間の身体に入ると下痢やおう吐、発熱などを起こします。ふつうは1〜2日程度で治りますが、下痢やおう吐で脱水症状を起こす場合もあります。まれに食事ごとのおう吐や1日20回ぐらいの下痢をおこすことがありますので、油断は禁物です。症状は短期間で治まりますが、その後1週間ぐらいは、便にウイルスが排出されるようです。
予防のポイント
1 とにかく、石けんで手をよく洗いましょう!
トイレの後、お料理の前、食事の前には、必ず石けんでよく手を洗うことが大切です。ウイルスは石けんによる手洗いで落とせます。
2 感染した人の便やおう吐物には触れないようにしましょう!
ウイルスはごくわずかな量でも、手などを介して感染してしまう可能性があります。直接手で触れないよう、使い捨ての手袋やティッシュペーパーなどを使って処分しましょう。
3 カキなど二枚貝はよく加熱しましょう!
カキなどの二枚貝はノロウイルスに汚染されていることがありますが、十分な加熱で感染を防ぐことができます。調理器具の清潔にも十分気をつけてください。