「子供の医学

このページは、現在流行している病気のことや、保健室の来室で気になった病気、保健の月目標に関連した身体の働きや秘密などの子供の保健の最終情報をお送りします。

トップページへもどる

6月28日から7月4日まで、『地域に根ざした8020運動』を目標に、ピッカリン週間(歯の衛生週間)を行いました。今年度も昨年度に引き続き、地域の歯科衛生士さんと大門町保健センターの保健士さんをゲストティチャーとしてお迎えし、全校に歯に関する指導をしていただきました。幼稚園の遊戯室で、低・中・高学年別に1時間ずつ行いました。子どもたちは、鏡に映る染め出しをして真っ赤に染まった歯を一生懸命みがいていました。また、歯科衛生士さんから『歯こうはどうしてできるのか』などわかりやすく説明していただき、歯垢を取り除いて、いつもきれいな歯でいたいという気持ちを高めることができました。「なかなか、うまくみがけないなあ。」「ここは、どうやってみがけばいいの?」「歯肉がはれているなあ」など、いつもみがいている歯ですが、今回の授業で、もっと自分の歯の様子やみがき残しを見つけることができたようでした。子どもたちは、歯ブラシの使い方がよくわからないようです。ご家庭でも、この機会に子供の歯の様子を確認してみてくだい。よろしくお願いします。

今月の気になる病気   「むし歯は夜作られる?むし歯キンは夜に急増!!」