学校教育目標 
 
 豊かな心をもち、自ら学ぶ力を身につけた
     たくましい浅井っ子の育成

 

 

めざす子供像

 
心豊かな子供 自ら学ぶ子供 たくましい子供

ホタルの乱舞を願って
ホタルプロジェクト活動

1年4ヶ月のかち込みの結果
自噴した井戸水の感触を味わう

手づくり化粧まわしで
土俵入リ合戦

 

 本年度の重点目標   
 地域の歴史や自然、人とのかかわりを通して、
   いのち輝くふるさとへの愛着と誇りを育む
  

 

 学校運営の方針 
 本年度で閉校となり130余年という長い歴史を閉じます。
 運営にあたっては、浅井地域の人々が昭和9年の水害以来、心の支えとしてきた更生四則「自力、協同、奉仕、進歩」をあらゆる教育活動の指針として、知・徳・体のバランスのとれた資質能力を身につけ生かす教育活動を展開します。
 (1) 温かい人間関係づくり(豊かな心の育成)
 (2) 学びと成長を実感する授業づくり(確かな学力の育成)
 (3) 健康で安全な生活づくり(たくましい体の育成)
 (4) 家庭・地域社会との連携推進(感情の共有と信頼関係の構築)
 
町子ども議会で
トライアングル条例を提言

地域の人々と語る
鴨川会議

藻刈り十字軍を結成して
地域ぐるみの環境浄化活動

 

子どもたちの姿を前面に出した学校要覧(平成13年度〜平成17年度)

 

平成17年度版(最終版)の内容(見開き6ページ) 

 

地域への発信「さわやかメッセージ」


目次へ