あったかゆうびんきょく お楽し抽選会


事前に、1・2年生で2等と3等の抽選をしました。

そして、校内放送でお知らせした後、各教室に2等と3等の当選番号を書いた紙を配り、

24日の抽選会までに、はがきが当たっているかを調べておいてもらいました。

「一の位は、4で〜す!」 「下2けたの3等が当たった人は?」
「は〜い!!」
2等や3等当たらなかった人も、
もしかしたら1等が当たるかもしれないね。

いよいよ、1月24日は「あったか郵便局お楽しみ抽選会」です。

全校ミニ集会をして、校内でやり取りした年賀状の番号の抽選を行い、

賞品をプレゼントしました。みんなとても喜んでくれました。

 「子ども郵便局お楽しみ抽選会」を始まりました。初めは、3等の人に賞品を渡しました。3等は下2けたの数字なので、当たる人はたくさんいました。

 次は、2等の人に賞品を渡しました。商品は、賞品グループが作ったアイロンビーズの作品と、昔の遊び道具、ロケット鉛筆、あめ2個です。


 いよいよおまちかねの1等の抽選です。
「3年生以上の出席番号2・4・8番の人は、ステージに上がってください」
 抽選するのは、この12人です。 

「1本目の百の位は、3です。」係の人が読み上げていきました。


 総数1,824枚はがきが出たので、千の位から抽選を始めまて、そのあと数字が書かれたボールを増やし、百の位、十の位、一の位と順に抽選番号をひいていきました。

 みんな真剣に見ています。
「わたしのが、当たっているといいなあ。」


<子供の活動後の感想>

● グループ作りからお楽しみ ちゅうせん会までぜんぶとて も楽しかったし、うれしかっ たです。(アイロンビーズの賞品  作りでは)アイロンは1年生が つかったらやけどするかもし れないから、2年生がやりま した。しっぱいもするけど、 がんばってチームで一生けん めい作りました。

● 大門小学校へ行っても、ゆ うびんきょくの学習があれば いいです。

 1等が当たった人にインタビューしました。
「去年は2等が当たって、今年は当たると思っていなかったのでとても嬉しいです。」