梨の花が満開!

学校の桜の花が散ったあと、校区の新田地区や大沢山のふもとのある木に、白い花が咲いていました。
とってもかわいい真っ白な花!梨の花が満開のうちにとさっそく見に行くことにしました。
4月25日、大久保の坂上さんの家の梨畑に見学に行ってきました。
梨を育てておられるおばあちゃんに受粉の仕方を教えてもらったり、
 梨の種類などの話を聞いたりしました。                   

  白い花がさいています。なしの花です。
花は満開で、とてもきれいです。

 こんなに近くで花を見るのは初めてです。
そっとさわってみました。

  先に白いふわふわのものがついたはけを
もって、おばあちゃんは花を「ポンポン」と軽く
たたいていました。なしの花に花粉を付ける

受粉」という仕事だと教えてもらいました。


 ポリバケツに入った花粉も見せてもらいました。
何だか灰みたいな色の粉でした。花粉をとる木も
あるそうです。




 梨畑へ行く途中の道端で、すみれの花を見つ

けました。子供たちは国語の教科書の「きつつ
きの商売」のお話に載っていた「たちつぼすみれ
だ。」と喚声をあげていました。

 梨畑の見学の帰り道、もうお昼でお腹もぺこぺこ。歩くのに疲れてきたとき、偶然通りかかったお宅ですてきな庭を見せてもらうことになりました。池の中にはすばらしく大きな鯉が・・・。
 元気を回復して学校に帰りました。

子供たちは「なし」の花に身近に触れ、受粉の後はどうなるのか関心をもったようです。
次に見に行くときが楽しみです。