6月18日(土)

櫛田地区スポーツ振興会主催の第27回櫛田地区ちびっこ相撲大会が行われました。

1年生から6年生までの全ての児童が思い思いにユニークな「しこ名」を考え、大会に臨みました。

今年で最後となるこの大会には、初めて幼稚園児も参加し、大会を盛り上げました。

また、日頃お世話になっている町相撲協会の村田さんが全ての取り組みの行司をしてくださいました。

熱戦の模様をどうぞご覧ください。

 

6年生児童の選手宣誓です。 「かまえて」「手をついて待ったなし」
「ハッキヨイ!」
低い体勢で相手を押し合いました。男の子も女の子も力の入った相撲が続きました。
押し出し 幼稚園児も練習の成果を発揮しました。
4年生以上の女子は柔道の帯を付けました。 4年生以上の男子はまわしを付けました。
町、郡の大会に出場した選手は
かたちも決まっていて、やはり強いです。
足取りも出ました。