防犯水泳大会     

9月2日(金)10:30〜

  今年で40回目となる櫛田地区防犯水泳大会が行われました。
  子供たちは自分の得意な種目を選んで大会に参加しました。 体育の時間や夏休みに練習した成果を十分発揮していました。
 子供たちの水難防止への意識の向上もねらいとしたこの大会には、地域の方々もたくさん応援の来てくださいました。


初めて参加するする1年生も気合十分。
名前を呼ばれて、元気に返事をしていました。

低学年による「コース横断すいすいレース」
2年生は、25メートルに挑戦する子供もいました。


よーい、スタート!元気よく飛び出す中学年
息継ぎの仕方も上手になっていました。

さすが高学年は、きれいな泳ぎでした。
レースは大接戦!


今年の「もぐりっこ競争」は少し工夫を凝らしました。満水にして水中に沈めたペットボトルをもぐって拾い上げる競技ですが、3本のペットボトルにビー玉を入れました。ペットボトル1本(1点)、ビー玉入りペットボトルを5点としました。大逆転ありの色団対抗のゲームだったので、とても盛り上がりました。

上学年は、運動服の長袖長ズボンを着て、同じゲームをしました。服は、水を含んで重くて動きにくい
上に、上着に空気が入ってもぐってペットボトルを拾うのも大変でした。
しかし、一度もぐると何本ものペットボトルを抱きかかえてくるので、あっという間にプールの中の
ペットボトルはなくなりました。

表彰式
学年の代表が、表彰状を受け取りました。

最後に、PTA会長さん、校長先生、巡査部長さんから講評がありました。
みんなが一生懸命がんばっている姿を見てほめてくださいました。
「犯罪は大人が守る」「みなさんは犯罪にあわないように気をつけてください。」
という巡査部長さんからのお話が印象的でした。

数多くの卒業生がこのプールで泳ぎました。
40回という歴史をもつ防犯水泳大会も今回で終わりました。
これまで子供たちを育ててきてくれたこのプールとお別れするのは
本当に残念です。
長い間、ありがとう。

子供たちにはこの後、ずっと水の事故にあわないように、気を付けてもらいたいです。