平成26年4月
小矢部市立石動小学校 いじめ防止対策学校基本方針
 
1 基本理念
  いじめは、いじめを受けた児童の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命又は身体に重大な危険を生じさせるおそれがある。
本校では、「いじめは卑怯な行為である」、「いじめは絶対に許されない」、「いじめはどの児童にも、どの学校でも起こりうる」との強い認識をもち、それぞれの役割と責任を自覚し、学校全体でいじめ防止策(未然防止・早期発見・早期解決等)に取り組み、いじめ根絶を目指す。
 
2 いじめの定義
個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は、表面的・形式的にすることなく、いじめられた児童の立場に立つことが必要である。
また、いじめの認知は、特定の教職員のみによることなく、「学校におけるいじめの防止等の対策のための組織」(法第22条)を活用して行う。
なお、具体的ないじめの態様としては、次のようなものがある。
・ 冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる。
・ 仲間はずれ、集団による無視をされる。
・ 軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりする。
・ ひどくぶつかられたり、叩かれたり、蹴られたりする。
・ 金品をたかられる。
・ 金品を隠されたり、盗まれたり、壊されたり、捨てられたりする。
・ 嫌なことや恥ずかしいこと、危険なことをされたり、させられたりする。
・ パソコンや携帯電話等で、誹謗中傷や嫌なことをされる 等。
 
3 いじめの防止等に関する基本的な考え方
(1) いじめの未然防止
いじめは、どの児童にも、どの学校でも起こりうることを踏まえ、より根本的ないじめの問題克服のために、全ての児童を対象としたいじめの未然防止の対応を行う。
(2) いじめの早期発見
些細な兆候であっても、いじめではないかと疑い、早い段階から的確に関わりをもち、いじめを隠したり軽視したりすることなく積極的にいじめを認知する。
全ての大人が連携し、児童の些細な変化に気付く力を高め、いじめの早期発見に努める。
 
(3) いじめへの対応
いじめを確認した場合、学校は直ちに、いじめを受けた児童やいじめを知らせてきた児童の安全を確保し、いじめたとされる児童に対して事情を確認した上で適切に指導するなど、組織的に複数の教員で対応を行う。また、その後の再発防止に努める。
このとき、家庭や市教育委員会への連絡・相談や、事案に応じ、関係機関との連携を図る。
(4) 地域や家庭との連携
社会全体で児童を見守り、健やかな成長を促すため、学校と地域・家庭が、いじめの問題について連携した対策を推進する。
(5) 関係機関との連携
いじめる児童等に対して必要な教育上の指導を行っているにもかかわらず、十分な効果をあげることが困難な場合等には、関係機関(警察、児童相談所、医療機関、法務局等)との適切な連携を図る。
 
4 いじめ防止等のための取組
(1) いじめの未然防止のための取組
@ すべての児童に対し、いじめの未然防止を学校全体で取り組む。
 ア いじめを許さない学校づくり
イ 道徳教育の推進
ウ 「できた」「分かった」と感じる授業づくり
エ 自己有用感を感じることのできる活動の場の保証
(児童会活動・クラブ活動・学級会等)
A 地域・家庭と一体となって取組を推進するため普及啓発を行う。
B いじめの背景にある要因に着目し、その改善を図る。
C 情報モラル教育を推進し、インターネットを通じて行われるいじめの現状と対策について理解を図る。
(2) いじめの早期発見のための取組
 朝の玄関、授業、休み時間、給食、掃除時間等において、児童と触れ合いながら児童の些細な兆候に気付くことができるように努める。また、防犯カメラを活用し、校内での児童の活動状況を把握する。
 必要に応じて校内の各場所に教員を配置して休み時間の児童の活動を見守る。
 学期ごとの『ハッピー度調査』や『QUテスト』、それを基にした一人一人との教育相談の実施、学校外の相談機関の周知等、児童がいじめを訴えやすい体制を整える。
 毎週火曜日に『みまもりタイム』を実施し、『気になる児童』等の情報交換を行う。また、スクールカウンセラーや子どもと親の相談員、スタディ・メイト等と連絡を密にし、『いじめの兆候となる行為』やいじめの芽を早期に見付け、職員全体に周知し、対応していくことができるようにする。
 学校や家庭、地域、全ての大人が連携し、児童の些細な変化に気付く力を高め、いじめの早期発見に努める。
 学校の教育活動や児童の様子について、学年・学級だよりやホームページ等で知らせたり、授業の様子や行事を公開したりし、普段から地域、家庭と連携していく。
 幼保小、あるいは小中の連携を密にし、児童の育ちを長い目で見守り、継続した指導ができるようにする。
 
(3) いじめへの対応
組織的に複数の教員で対応を行い、いじめへの対応を行う。
@ いじめられた児童の安全確保
  いじめを把握した場合、直ちに、いじめを受けた児童やいじめを知らせて来た児童の安全を確保する。
A 正確な事実の聴き取り
 ア 聴き取りは教員が手分けして時間を空けずに個別に事実確認を行う。
 イ 聴き取りは2人以上で行い、1人は記録をする。
ウ 聴き取りは「いつ、どこで、だれと、どのように」をはっきりさせる。
   (記録用紙を利用し、抜けることのないようにする。)
 エ 内容の擦り合わせを行う。場合によっては再度の聴き取りを行う。
 オ 必要に応じて、全校、学年のアンケートを行い、証言を集める。
 カ 事実を客観的に記録する。
B いじめを見ていた児童への指導
  自分の問題としてとらえさせるとともに、誰かに知らせる勇気をもつよう伝える。
  (傍観者にならない。)
  場合によっては心のケアをする。
C 市教育委員会への報告
  いじめが発生した場合、市教育委員会に報告する。PTA会長にも連絡する。
D 警察との連携
  児童の生命、身体または財産に重大な被害が生じるような場合、児童の人権に著しい侵害が認められる場合は、市教育委員会に相談し、早期に警察に相談・通報の上、警察と連携して対応する。
E 保護者への連絡
  つながりのある教職員を中心に即日、加害・被害児童の家庭訪問等を2人以上で行い、事実関係を伝えるとともに、今後の学校との連携方法について話し合う。
F 和解に向けての話合い
 ア 双方の保護者、関係教員が一堂に会して行う。
 イ 被害児童・保護者・・・直接強い悲しみや思いを伝える。
              多くの大人が証人になってくれた安心感をもたせる。
 ウ 加害児童・保護者・・・親の気持ち、思いを伝える。
              親子の絆の深まり
             その後の生活の中で間違った行為へのブレーキになるようにする
エ 反省      ・・・加害児童の自己認識を「いじめをした悪い人間」から「過ちを潔く反省し、自己を改めた良い人間」へと変える。自らの行為の責任を自覚させ、不満やストレスがあってもいじめに向かわせない力を育む。
G いじめの再発防止に対する対応
 ア いじめが解決した後も継続的観察と定期的なカウンセリングを行う。
 イ アンケート等を活用し、学級集団の中での意識調査を継続して行う。
 ウ 保護者や地域との連携を深め、継続的な見守りを行う。
(4) 地域や家庭との連携
   @ 学校と地域、家族がいじめの問題(実態・対策等)について協議する場を設け、インターネット等を介して行われるいじめに対しても連携した対策を推進する。
   A より多くの大人が児童の悩みや相談を受け取ることができるようにするため、小中での情報共有や学校外からの情報収集の体制を整える。
(5) 関係機関との連携
 いじめる児童等に対して必要な教育上の指導を行っているにもかかわらず、十分な効果をあげることが困難な場合等には、関係機関(警察、児童相談所、医療機関、法務局等)との適切な連携を行う。
   A SC(スクールカウンセラー)、警察、児童相談所等との適切な連携を図るため、平素から関係機関と情報交換を行う。
 
5 いじめ防止に関わる校内研修の推進
  いじめの防止および早期発見のための方策等、いじめを受けた児童又はその保護者・いじめを行った児童又は保護者に対する助言の在り方、インターネットを介して行われるいじめの現状と対策について研修を行う。
  いじめ防止のための研修を行う。
  ・構成的グループエンカウンター
・ピアサポート
・ソーシャルスキルトレーニング
  ・アサーション・トレーニング
 
6 いじめ問題に取り組むための校内組織
 {1} 学校内の組織
@ ケース会議
本会議は、校長、教頭、教務主任、生徒指導主事、該当学年主任及び担任をもって組織し、学級・学年の児童の問題行動や気になる児童等について情報交換を行い、指導経過や今後の指導方針について共通理解を図る。
A 生徒指導委員会
生徒指導部会の提案を受け、問題傾向を有する児童について、現状や指導についての情報交換を行い、指導について共通理解を図る。
 B いじめ防止対策推進委員会
本委員会は、校長、教頭、教務主任、生徒指導主事、保健主事、養護教諭、学年主任、スクールカウンセラー等をもって構成し、必要に応じて委員会を開催する。緊急の場合は、当該学級担任や関係教職員も加わる。
 (2) 家庭や地域、関係機関と連携した組織
  緊急を要する重大な問題行動が発生した場合、緊急生徒指導委員会を開催する。本委員会は、校長、教頭、教務主任、生徒指導主事、PTA会長、小矢部警察署、主任児童委員、後援会長、スクールカウンセラー等をもって構成する。