7月9日(火) 7月10日(水) 7月12日(金)
 保小交流会を行いました。2年生が、各保育所の年長児を招待し、合奏や歌、ゲームなどを通して、交流を図りました。子どもたちは、笑顔でそれぞれの活動を楽しみ、ました。年長児の子どもたちにとっては、来年の入学への期待がふくらんだ時間となりました。  職員による消火訓練を本校のグラウンドで行いました。小矢部消防署員の方2名から、消火器の使い方や、15秒間で消火するコツ等を教えていただいた後、8人の職員が順に消火訓練を行いました。消火器での消火が可能な火災の状況について具体的な説明を聞くことができ、職員一同、危機管理意識を高めました。  朝の時間を利用して、ミュージックタイムを行いました。今月の歌「スマイルアゲイン」を全校児童で合唱しました。30℃を超える気温の中でしたが、子どもたちは暑さに負けず、さわやかな歌声を体育館いっぱいに響かせました。
 子どもたちは、朝のさわやかな気持ちのまま1日を笑顔で過ごしていました。
7月18日(木) 7月24日(木)
 第4学年の2学級で、歯科衛生士の指導による「カミング30」の活動を行いました。子どもたちは、咀嚼力判定ガムを2分間かみ、自分のかむ力の強さを調べました。歯科衛生士の方から、「歯や口には、食べること、話すこと、呼吸を助けること、表情をつくるなどの大切な役割があります。だから、一口30回以上かみましょう。」と教えてもらい、子どもたちは、「今日から、しっかりかもう。」と感想を述べていました。  明日から始まる夏休みに備えて、職員の救急講習会を行いました。消防署の方から胸骨圧迫・人工呼吸・AEDの使い方について説明を受けた後、実技講習を受けました。
 職員一人一人が実践した後、大谷小学校野球スポーツ少年団の子どもたちも飛び入りで講習を受け、救命に対する意識を高めていました。
平成24年度 1月のページ