1月の井波っ子

     
  1月31日(水)
 昨日1年生は低学年広場とスキー山で雪遊びをしました。そりで坂を滑ったり、雪だるまを作ったりしていっぱい遊びました。寒い中でしたが終わる頃には体がぽっかぽかになりました。
   
     
     
  1月25日(木)
 3学期の図工は版画をやる学年が多いです。1年生はステンシルローラー版画で「海の中の生き物」を表現しました。6年生はスチレン板を用いた多色刷り版画で「写して見つけた私の世界」を表現しました。刷り上がりにワクワクしながら丁寧に作業している様子やきれいな出来上がりの作品に合うように苦心して題名をつけている様子が見られました。
 1月29日(月)
 1月27日(土)に合唱部による「はばたきコンサート」が行われました。学年ごとにリズミカルに歌ったり、振り付けをしながら会場全体で楽しんだりと一体感のある会場はあたたかい雰囲気でした。
 休み時間や休日に練習を重ねてきたからこそ、生み出せるハーモニーなんだと感じました。これからも、合唱を楽しんでいってほしいと思います。 
  1月30日(火)
 今日は中学年のスキー教室がIOX-AROSAスキー場で行われました。午前中は時折強い雪が降るあいにくの天気でしたが、午後からは一転、晴天となり絶好のスキー日和となりました。白銀のゲレンデに子供たちの歓声がたくさん聞かれました。一日でたくさんの子が上達しました。 
     
     
   1月18日(木)
 1年生のかるた大会に向けて1年生も「犬棒かるた」をやってます!字も絵も読み札のことわざも全て覚えている子はさすがに速く札を取っていました。札を探す目は真剣そのもので、明日の大会が楽しみです。
 1月23日(火)
 冬場の室内運動としてスーパーチャレンジの時間や体育の授業でどの学年も縄跳びに挑戦しています。1年生も「いなみっ子なわとびがんばりカード」のかえるコースカードをもらい、いくつかの種目技の連続跳びや30秒跳びに挑戦しています。初めてやった種目技ができるようになるとうれしさを体いっぱいで表していました。 
  1月24日(水)
 高学年のスキー教室をIOX-AROSAスキー場で行いました。昨日から暴風雪の注意報や警報が出る中でしたが、スキー場はリフト、ゴンドラ共に運行とのことで天候の回復を祈りながらの実施でした。子供たちは大喜び。時折風雪はありましたが、井波スキークラブの先生方の指導を受けながら、安全に気を付けてパウダースノーのゲレンデを思いっきり滑降しました。
     
     
  1月15日(月)
 雪や雨でなかなか外遊びができない日が続く中、子供たちは校内でオセロやけん玉遊びを楽しんでいます。相手に角を取られないように駒の置く場所を考えたり、剣先に玉を入れようと互いにコツを教え合ったりしています。冬の休み時間は、元気に運動する姿の他に、じっくり考え集中する姿も多く見られます。
   1月16日(火)
 今月の下旬に行われるスキー教室に向けて、各学年で体育の時間のスキー学習が始まりました。昨日と今日は好天に恵まれ文化センター横の広場にあるスロープを使って練習する学年がいくつもありました。歩行から、斜面のぼり、そして、滑降と笑顔と歓声がいっぱいでした。
  1月17日(水)
 6年生の体育では、まず「井波っ子縄跳びがんばりカード」を使ってウォーミングアップと検定を兼ねて短縄跳びを行います。連続跳びや30秒跳びで級や段に挑戦し、十分に体を温めます。それから、バスケットボールの学習に入ります。今日は二人組のパスリレーとエリアを限定したチームでのボール保持の練習を行いました。
     
  1月9日(火)
 今日、第3学期の始業式を行いました。始めに意見発表があり、2、4、6年生の代表児童が普段思っていることを全校のみんなの前で話しました。その後、式辞、校歌斉唱で式を終えました。
 教室に戻り着替えてから、1・2年生は教室で、3~6年生は体育館で、校内書き初め大会を行いました。2学期に学校で、冬休みに家で練習した成果を発揮し、みんな力強く字を書くことができました。
  1月11日(木)
 学年の百人一首大会、かるた大会に向けて学級活動の時間に百人一首や犬棒かるたをする学級が増えてきました。札を読む声、札を取る「はい!」の元気のいい声、得意札をとって喜ぶ表情が校内にあふれています。
  1月12日(金)
 1年生の音楽の授業の教室から、かわいらしく懐かしい声が聞こえてきました。「わらべうたをうたってたのしみましょう」の授業で、色々な絵描き歌や「おちゃらかほい」を友達と一緒に楽しんでいました。「かわいいコックさん」をうたいながら何度も書いたり、ジャンケンの度に歓声が上がったり、とても楽しそうでした。