トップページ

宇奈月中学校のホームページにようこそ


 黒部市宇奈月町は、富山県東部に位置し、黒部川沿いの山間部と下流の扇状地平野の南部からなります。校区は、その両岸に点在し、広域にわたっています。
 校区内にある宇奈月温泉は、黒部峡谷探勝の起点として発展し、観光と温泉の町として広く知られています。校区中央を流れる黒部川は、水量が豊富なため、水力発電において日本屈指の発電量を誇っています。浦山地区のスーパー農道沿線は住宅や商店ができ、農村風景が変化してきています。
 保護者の職業は、温泉、観光関係や建設業に従事する兼業農家が多かったのですが、近年、職業の多様化が進み、サービス業、製造業に従事する会社員も多くなってきています。保護者や地域住民の教育に対する関心は高く、学校行事への協力も積極的です。
 校区には、浦山、下立、愛本、宇奈月の4小学校がありましたが、平成18年3月に統合され宇奈月小学校1校のみとなりました。