魚工Q&A

 

工業高校ではどんな勉強をするの?
工業高校では、工業の勉強だけするわけではありません。中学校と同じような普通教科と、工業の専門教科を約 6 : 4 の割合で勉強します。
専門教科の授業には、教室で行う(座学)と実習室で行う(実習)とがあります。また、企業等から専門的技術者を講師として招いたり、各学科に関連のある工場を見学したりする授業もあります。
くわしくは、各学科の紹介ページを見てください。

 

「実習」って、どんな授業ですか?
「実習」は、工業に関する基礎的な技術を実際の作業を通して行なう学習で、6人から 10人の班別に分かれて行ないます。くわしくは、各学科の紹介ページを見てください。

 

「課題研究」とは何ですか? 難しそうですけど...
各学科とも、三年生で専門教科に「課題研究」という授業があります。この授業では、生徒が個人またはグループで課題を設定し、その課題に対する調査、実験、研究、まとめ、そして発表などに取り組みます。
こちらで過去に取り組んだ課題研究の内容がまとめてあるので見てください。

 

英語(数学)が苦手なんですけど、大丈夫ですか?
一年生の英語の授業は、学力に応じてクラス分けをしています。こうすることで、きめ細かな指導が行なえるので、苦手でも大丈夫です。
また、外国人の英語指導助手(ALT)を招いて、実用的な英会話学習を実践しています。
数学も英語と同様にクラス分けして授業を行っています。

 

工業高校からでも、大学に進学できますか?
高学歴志向の中で、本校でも進学志望者が年々増加しています。本校の場合は、推薦制度による進学がほとんどで、四年制大学や短大、専門学校に何人もの卒業生が進学しています。
主な進学先は進路状況のページを見てください。

 

推薦による進学でも学力テストがあるんじゃないですか?
確かに、推薦入学試験では面接だけでなく英語と数学の学力試験が行なわれることが多いです。そのため、進学を考えている生徒のために、二年生・三年生の選択の授業に英語と数学のコースを設けてあります。さらに、補習授業や個別指導でも、学力アップがはかれます。

 

工業高校では、どんな資格が取れるのですか?
本校では、各種の資格取得に力を入れています。
具体的には、計算技術検定、情報技術検定、製図検定、英検、 電気工事士、 工事担任者、 危険物取扱者、 ボイラー技師 などの資格取得に取り組むことができるので、自分自身の適性・特性に応じた分野で資格取得にチャレンジできます。詳しくは、こちら を見てください。