沿   革

昭和33年 4月1日  富山県立富山通信産業高等学校(定時制農業課程)を富山市太郎丸285番地に設置
昭和33年 4月10日  富山市太郎丸農業試験場内で,開校式ならびに第1回入学式を挙行
昭和34年 4月1日  富山県立富山通信産業高等学校別科(修業年限1年)を上新川郡大山町東福沢2番地(富山県経営伝習農場内)に設置
昭和34年 4月3日  富山県営伝習農場が県農林部より県教育委員会に移管
昭和34年 4月6日  別科開校式ならびに第1回入学式を挙行
昭和35年 4月1日  別科修業年限1年を2年に延長
昭和36年 4月1日  校名を富山県立富山産業高等学校と改称
昭和37年 4月1日  別科を廃止し,農業経営科(福沢教場)を設置
昭和37年 7月7日  第11回読売教育賞受賞
昭和41年 4月1日  富山県立石動高等学校若林分校を廃止し,富山県立富山産業高等学校小矢部教場(農業科および生活科)を設置
昭和41年 8月25日  PTA活動に対し,文部大臣賞受賞
昭和43年 4月1日  小矢部教場が小矢部産業高等学校と校名を変更
昭和43年 11月7日  創立10周年記念式を挙行
昭和44年 4月1日  自営者養成農業高校の指定を受け,全日制に転換し県立中央農業高等学校と校名を変更, 同時に定時制農業科および農業経営科の募集を停止し,新たに農業科,園芸科,畜産科,生活科を設置
昭和44年 5月29日  第20回全国植樹祭に際し,昭和天皇皇后両陛下本校に行幸啓
昭和47年 4月1日  専攻科を設置
昭和47年 11月10日  校舎完工式典を挙行
昭和48年 10月25日  第24回日本学校農業クラブ全国大会家畜審査競技会を本校で開催
昭和50年 5月31日  昭和50・51年度文部省教育課程研究校に指定
昭和53年 10月25日  創立20周年記念式を挙行
昭和56年 4月1日  専攻科教場,富山市太郎丸より本校に移転
昭和60年 4月  昭和60・61年度文部省教育課程研究校に指定
昭和62年 3月18日  生物工学実験棟完成
昭和63年 10月9日  創立30周年記念式を挙行,門柱建立
平成2年 3月30日  寄宿舎管理棟完成
平成5年 4月1日  農業科,園芸科,畜産科,生活科の4学科くくり募集
平成6年 3月31日  特別教室棟(情報処理室,美術室・造園実習室)完成
平成6年 4月1日  生活科を生活科学科に科名を変更
平成10年 10月17日  創立40周年記念式を挙行,ゴルフ練習コース造成
平成11年 10月20,21日  第50回日本学校農業クラブ全国大会(富山大会)を事務局校として開催
平成15年 4月1日  学科改編により農業科,園芸科,畜産科,生活科学科の募集を停止し,新たに生物生産科,園芸デザイン科,バイオ技術科を設置専攻科に,担い手育成コースと庭園コースを設置
平成16年 3月  動物科学棟完成