蛇石

蛇石(南又谷蛇石橋)         

片貝川の上流、南又の川に6mから7mくらいの大岩があります。
大岩の中央には蛇が岩を抱くようなあとがあるので「蛇石」と呼ばれています。
 この大岩は昔から片貝川の水神として祠を建てて祭られています。

沌滝

県の滝百選にも選ばれた沌滝。上の滝と下の滝に分かれています。沌滝川の清流がとちの木の原生林に落下してとても美しく、涼しいところです。
洞杉

洞杉

樹齢は古いもので一千年、若いもので数百年経っている杉で大きさは周囲16m、高さ20mもある巨大な古杉です。
高さ約7メートルもの石の上に生えているものもあり、その根が石からおりてきて大地にくいこんでいるものもあります。

大伴家持の歌碑

万葉の歌人大伴家持が片貝川を詠んだ和歌がかかれています。